ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

見えない道場本舗 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

.      HP(Mail有)  twitter  togetterまとめ twilog 社説を一覧で 読書メーター

2016-08-27

過去記事「米国では犯罪加害者の家族に、励ましの手紙が殺到する」&小説「食卓のない家」を再紹介

| 過去記事「米国では犯罪加害者の家族に、励ましの手紙が殺到する」&小説「食卓のない家」を再紹介を含むブックマーク 過去記事「米国では犯罪加害者の家族に、励ましの手紙が殺到する」&小説「食卓のない家」を再紹介のブックマークコメント

とある事件を受けて。

面倒だから、丸ごと採録する。

ネット上でダブって残るのもなんなので、あとではリンクだけ残してオリジナルの過去記事のみにしますが。

日本では犯罪加害者の家に抗議や脅迫殺到。一方アメリカの大量殺人犯の母「私に届いた手紙の大半が励ましでした」




■『加害者家族』になったら人生オワタ\(^o^)/です

http://d.hatena.ne.jp/michiaki/20101219/1292759610

にて、

加害者家族 (幻冬舎新書 す 4-2)

加害者家族 (幻冬舎新書 す 4-2)

という本が紹介されています。

……実は加害者家族凄惨生活を強いられる。身内の犯罪を機に失職や転居を余儀なくされるだけでなく、インターネット誹謗中傷され、写真個人情報まで流出される。そんな過酷現実を受け止められず、自殺する人も多い。

加害者家族が「世間にお詫びします」といって自殺したり、名前を変えたり・・・という話はよく聞く。確実な話では1989年に犯人が逮捕された幼女誘拐殺人事件家族がそうだったはずだ。

だが。

その実態は、想像を超えて悲惨でした。ただ、なんとなく、それを、やっぱりそうなるんだよな、そういうものだよな、という覚めた目で見ている部分もあった。

ですが、下記の記述を見てショックを受けました。

 1998年アーカンソー州高校銃乱射事件が起きた際、高校キャンパス内で発生したという事件の重大性に鑑み、マスコミ加害者少年実名写真掲載した。

 このとき、加害少年母親に対してアメリカ社会がどのように反応したのか、ジャーナリスト下村健一が驚くべきリポートをしている。

 実名報道されたことで、母親のもとにはアメリカ全土から手紙電話殺到した。手紙段ボール2箱に及ぶ数だった

 だが、その中身は、本書でこれまで見てきたような日本社会の反応とはまったく異なっていた。加害少年家族を激励するものばかりだったのだ。

 TBSの「ニュース23」で放映されたリポートでは、少年母親実名取材に応じ、顔を隠すことなく登場した。下村が、受け取った手紙の内容は何かと聞くと、母親は「全部励ましです」と答えたのだ。

 下村は自身ブログでその手紙の内容をいくつか紹介している。

「いまあなたの息子さんは一番大切なときなのだから、頻繁に面会に行ってあげてね」「その子のケアに気を取られすぎて、つらい思いをしている兄弟への目配りが手薄にならないように」「日曜の教会に集まって、村中であなたたち家族の為に祈っています」等々。

 下村は、アメリカでの取材生活の中で「最大の衝撃」を受けたという。

ちなみに下村健一という方は、今菅内閣広報官をしている、あの下村健一氏のことだ。

自分が、これにつけたブックマーク

gryphon 「日本治安の良さは『罪七族に及ぶ』との発想・感覚がいまだ因習に残り、家族に累が及ぶ抑止力が働くことと裏腹なのだ」と、山本七平も2、30年前に指摘してたね。連合赤軍の親をモデルにした「食卓のない家」も推奨

twitterより少ない100字なので意を尽くせてないが、ここに書いた、「食卓のない家」を紹介させてください。

呉智英書評孫引きする形で。

これは、連合赤軍事件の”戦士”を息子に持つ会社員主人公にしたもので(※この原稿が書かれた当時の)4年前に出たものだが、今でも版を重ねている。初め新聞小説だったものだから、物語展開にいくつか無理が見られるが、ここに描かれた父は(略)立派である。

『食卓のない家』に描かれた父は、息子に対しては、獄中に面会にも行かず、弁護士の斡旋もせず、世間会社に対しては、過激派の父という非難に少しも屈することなく、自分自分、息子は息子、息子の思想思想刑罰刑罰、という徹底的に毅然たる態度を貫き通す・・・(後略)。

この書評

バカにつける薬 (双葉文庫)

バカにつける薬 (双葉文庫)

に載っている。


沢木耕太郎テロル決算」も”テロリストの親”のその後と世間を中心に読み直したい。

のだが、手元にない。

有名な本だから、もし手元にあって、上の話題に興味があるなら、特に主人公山口二矢少年が実際に事件を起こしたあとの両親の記述に集中して読み直してほしい。

実は、山口父親自衛官なのだが、それで思うような「右翼思想を父が子に伝えた」みたいなことは全然なく、リアルに上の「食卓のない家」のような、毅然とした個人主義実践する人だった、と若きルポライター沢木は取材の上で結論しているのだ。しかしそれだからこそ二矢の行動に関係がある、ともいえる。同時に母親は典型的な日本人?で「こんな大それたことをしたのだから、二矢は死んでくれればいい」と・・・このあとの展開をうろ覚えで書くのもなんなので、実際に読んだ人に任せたい。

テロルの決算 (文春文庫)

テロルの決算 (文春文庫)





「木根さんの1人でキネマ」新作UP/ホラー映画あるあるがテーマ

| 「木根さんの1人でキネマ」新作UP/ホラー映画あるあるがテーマを含むブックマーク 「木根さんの1人でキネマ」新作UP/ホラー映画あるあるがテーマのブックマークコメント

で、ごんす。

http://www.younganimal-densi.com/ttop?id=41

わたしも21世紀の今、ネット上での漫画連載を読む習慣をつけねば。

同じくヤングアニマルの「まかない君」から・・・

http://www.younganimal-densi.com/ttop?id=6

2016-08-26

朝まで生テレビは「天皇」がテーマ

| 朝まで生テレビは「天皇」がテーマを含むブックマーク 朝まで生テレビは「天皇」がテーマのブックマークコメント

http://www.tv-asahi.co.jp/asanama/

2016年8月26日(金)

深夜1:25〜4:25

(27日午前1:25〜)

(一部地域は深夜1:34〜)

メインイメージ

激論象徴天皇と“生前退位

天皇陛下お気持ち」表明!

 “終身在位制”と“生前退位”…

 象徴天皇基本的人権

 皇室典範特別立法

 皇統維持と女性女系天皇

わたし達は「お気持ち」に

   ド〜応えるべきなのか?!

…等々について、いま、改めて“天皇制日本人”を徹底討論!

平沢勝栄自民党衆議院議員

大塚耕平民進党参議院議員

荻原博子経済ジャーナリスト

小林節慶応大学名誉教授

小林よしのり漫画家

高森明勅神道学者

竹田恒泰作家明治天皇玄孫)

萩谷麻衣子(弁護士

三浦瑠麗(国際政治学者

百地章日本大学教授、「日本会議政策委員)

なんで彼らを呼んでるのか、さっぱりわからん系の人おおし。てか、天皇制廃止の共和主義者がいない・・・か?

懐かしがってもしょうがないし、彼らの言論賛同するきもさらさらないが、小田実色川大吉が出ていたころはもっとハデだったな

ある作品を「映画」、キャラは「俳優」と仮定したパロディや二次創作は結構多いそうだ(続報)。

| ある作品を「映画」、キャラは「俳優」と仮定したパロディや二次創作は結構多いそうだ(続報)。を含むブックマーク ある作品を「映画」、キャラは「俳優」と仮定したパロディや二次創作は結構多いそうだ(続報)。のブックマークコメント

きのう、ちょっと多くの人に読んでいただいた

シン・ゴジラ「巨災対」関連パロ見て「(日常を描く)二次創作」にされやすい作品とは?を考えた/「ヘルシングは、実は映画俳優の素顔は…」というパロがある - http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20160825/p2

という記事の…とくに後半部分、

平野耕太HELLSING」をひとつの映画キャラを出演した俳優…とする昨年のtogetterについて、当方が


・たいへん秀逸だが、こういうパロディは定着しているのかどうか。調べた限りでは、そんなにたくさんは無いようだ…


みたいなことを書いたら、はてブがそれに関する情報の集積地となりましたよ。

http://b.hatena.ne.jp/entry/d.hatena.ne.jp/gryphon/20160825/p2

ここからの重要情報抜粋、一覧化します。

id:pachikorz わたしがかつて棲んでいたジャンルでは、そういう二次創作をまとめて『楽屋裏もの』と呼んでたなあ。面白いんだけど、既存キャラの顔を借りただけのオリキャラ遊びになるので、塩梅が難しいところもあり。

id:AOI-CAT 庵野監督の「ふしぎの海のナディア」のサントラジャケット映画撮影設定だったなぁ。割と有名な話だ。

 

id:ytn コップクラフトの後書きとか

id:sds-page ピクサー映画のNG集的な?

id:shidho ヘルシングより前かはわからないが、エヴァンゲリオンが(使徒含め)全員役者映画撮影、っつうのは2ちゃんねるで見た。だから別に映画二次創作で出来ないわけないと思う。

id:mobile_neko ブラック・ラグーンの作者同人誌とか、日本沈没とか

 

id:uchya_x 作者自身自分の作中キャラをそう扱ってたのをどこかで読んだんだけど、誰のどの作品だか忘れた。手塚治虫スターシステムも、作品とは独立してキャラクター存在してるというパターンじゃない?

 

id:machida77 この手の発想は前から二次創作であって、タイバニでも見た(http://togetter.com/li/199870とか.)。「有名なドラマ映画を演じる俳優を登場人物にした二次創作」というのもある。


ふーむ、こんなことを調査する物好きもいないだろうから、それなりに貴重な一覧表になったのではないかな(笑)

さらにtwitterでは、こんな情報も寄せられた。


また大物がきたな。

たしかに、自分は「ふたり鷹」は読んでない。どんな最終回かも当然しらないが、新谷かおるならやりかねん、とは思う(笑)


そういえばさらにもうひとつ、

島耕作が、「部長島耕作」から社長になって、ひとまずシリーズには終止符が打たれたことがあった。

そのときの最後のページが「カーテンコール」で、すでに死んだキャラクターも、敵役悪役もすべて一ページに正装して並び、まさにカーテンコールを受けるようなかたちで終わったことがある。

これも登場人物は「演じて」いたという解釈になるかもしれないし、ならないかもしれない。

以上、資料として。

ひきつづき、ご存じのあったら教えてください。


【追記】またブクマコメント欄twitter情報

id:moodyzfcd ふたり鷹 sと打ったらgoogle:ふたり鷹 最終巻 おまけとサジェストされ"コミックス最終巻の描き下ろし分では「ドラマ作品撮影後のメイキング取材風のオチ」"(Wikipedia) 演技オチスレ http://mimizun.com/log/2ch/csaloon/1146811237/

 

id:gazi4 セットを見せて「お芝居ですよ」感をチラつかせる「ヒッチコック劇場なんかが源流かなぁ。あと昔古本屋で見た少女漫画なんかにそういうカットはあったような気はするけど、スターシステムの影響かもしれない

 

id:omi_k ゆうきまさみ氏の絵が見えたので昔のアニパロ「受は人類を救っちゃう」とかの話かと思った

 

id:shidho 一次創作でそれをやったのが「XXXXXXX(※今さらな話だが、一応伏字ブクマでは名前あり)」。宣伝にあった「2度の大どんでん返し」とはそれのこと。

id:dowhile カーテンコール舞台なら全部そうだしそれを受け継ぐ映画インド映画含めて多い。ちゃんと作中で全員が第四の壁認識してるデップーさんみたいな設定ならピランデッロからあるんじゃないか

 

id:uchya_x カーテンコールからくりサーカスでもやってたよ。他にも探せばありそう。

id:machida77 私の狭い見聞ではネット二次創作比較的多い」「エヴァハルヒFateでも見た」「このジャンルの固有名はない。最近だと『おそ松さん』のそれは『俳優松』と呼ばれた」/カーテンコール複数映画に先例あり




わむ 2016/08/26 08:59

おまけとかでいいなら、

世間様には「名探偵コナン最大のライバル」として通っている「怪盗キッド」の本編、

まじっく快斗」のおまけで「俳優・演技ネタ」やってますね。

まじっく快斗」のほうがコナンより先なんで、「こっちがオリジナルだ」とファンとしては主張したいんですが(笑)

行人 2016/08/26 15:57

ふたり鷹」は最終巻のおまけに、撮影終了後の楽屋でキャストの皆さんに取材する、っていう体裁で何人か「エリア88」にも出演しているいわゆる「新谷組」だったり、「やたら脱がしたがる監督=作者」をボコるオチだったかと

※うろ覚え

船越 2016/08/26 23:42

漫画アニメの登場人物を実写映画役者見立てる遊びは、2ちゃんねる方面では割と昔からポピュラーですが、このブログ的に外せないのは、たしか15年くらい前のプロレス板に立てられた「衝撃! キン肉マンヤオだった!」みたいなタイトル(うろおぼえ)のスレでしょう。

「俺、テリー線路の上にイヌ置いてるの見たぜ」

とか

ミートさんは実力と人格を兼ね備えた名ブッカーで、ミキサー大帝戦のバックドロップは、ブック破りでスグルを倒してしまったミキサーに対する制裁マッチ」

とか、クラクラするようなネタの宝庫でした。

gryphon 2016/08/27 06:32

いやー…そういう皆さんの指摘を聞いて、思い当たったんだが、

つまりは俺の「怪獣インタビュー」もこのパロディだったんだよ(笑)!!!!

怪獣インタビューリンク集 - http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20140302/p1

もともと「へー、珍しいなー、奇想天外なことやってるなー」という驚きが原動力だったのに、自分もやっていたという推理小説もびっくりのオチ(笑)

でも、それに気づいてたらこんな考察記事の執筆してなかったから、よしあしかねえ…

gryphon 2016/08/27 06:35

なにこれすごい、というか怪獣インタビューの先輩格だな>【「衝撃! キン肉マンヤオだった!」みたいなタイトル(うろおぼえ)のスレ

2chの膨大な玉石混交を読みやすくするまとめサイト意義を当方は認めるが、中国韓国二束三文時事ネタでまとめ作るより、こういう人類財産のような2chスレまとめサイトはまとめんかい。

教えてもらった演技オチスレより

演技オチスレ http://mimizun.com/log/2ch/csaloon/1146811237/


こち亀で思い出した。49巻の「ポルシェクラブ」という話は何だかクオリティーの低いまま進行し、

最後に両津本田部長の家を大破する→ページをめくると撮影現場のセットだった事がわかり、3人が作者に

「話に無理があったんじゃないか?秋本よ!」とダメ出しする→反省会をやってる所に編集が今週はカラーだからいつもより2ページ多いと告げる

→忘れてたので慌ててあと1ページ分撮る事になり、グダグダネタをやる→両津「頭ボケちゃって!もうこの先長くないなこいつ」と言ってオチ。

 

画像は探したけど、それほどは見つからなかった

 

鉄腕バーディおまけ漫画の別カット

f:id:gryphon:20160826025846j:image

話に出てきた「ナディアサウンドトラックジャケット画像

悪役も一緒にいるし、撮影機材もあるから、そういう設定かー。

f:id:gryphon:20160826032650j:image

 

PIXARアニメーションキャラの“NG”集 - NAVER まとめ http://matome.naver.jp/odai/2140498210993420501

D


そして、うわさにだけ聞いてたブラックラグーンの件についての、まとめがみつかったよ

ブラックラグーンの作者がやらかすwwwwwwww - ふぇー速 http://fesoku.net/archives/7598540.html

【セルフパロ】ブラックラグーンが実は劇中劇でした。と作者の同人に描かれる http://otakomu.jp/archives/10572.html @otakomuさんから

f:id:gryphon:20160826030736j:image

わむわむ 2016/08/26 08:59 おまけとかでいいなら、
世間様には「名探偵コナン最大のライバル」として通っている「怪盗キッド」の本編、
「まじっく快斗」のおまけで「俳優・演技ネタ」やってますね。

「まじっく快斗」のほうがコナンより先なんで、「こっちがオリジナルだ」とファンとしては主張したいんですが(笑)。

あと「一人でキネマ」今日更新されてました。

通行人通行人 2016/08/26 15:57 「ふたり鷹」は最終巻のおまけに、撮影終了後の楽屋でキャストの皆さんに取材する、っていう体裁で何人か「エリア88」にも出演しているいわゆる「新谷組」だったり、「やたら脱がしたがる監督=作者」をボコるオチだったかと
※うろ覚え

船越船越 2016/08/26 23:42 漫画やアニメの登場人物を実写映画の役者に見立てる遊びは、2ちゃんねる方面では割と昔からポピュラーですが、このブログ的に外せないのは、たしか15年くらい前のプロレス板に立てられた「衝撃! キン肉マンはヤオだった!」みたいなタイトル(うろおぼえ)のスレでしょう。
「俺、テリーが線路の上にイヌ置いてるの見たぜ」
とか
「ミートさんは実力と人格を兼ね備えた名ブッカーで、ミキサー大帝戦のバックドロップは、ブック破りでスグルを倒してしまったミキサーに対する制裁マッチ」
とか、クラクラするようなネタの宝庫でした。

gryphongryphon 2016/08/27 06:32 いやー…そういう皆さんの指摘を聞いて、思い当たったんだが、
つまりは俺の「怪獣インタビュー」もこのパロディだったんだよ(笑)!!!!

怪獣インタビュー・リンク集 - http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20140302/p1

もともと「へー、珍しいなー、奇想天外なことやってるなー」という驚きが原動力だったのに、自分もやっていたという推理小説もびっくりのオチ(笑)!
でも、それに気づいてたらこんな考察記事の執筆してなかったから、よしあしかねえ…

gryphongryphon 2016/08/27 06:35 なにこれすごい、というか怪獣インタビューの先輩格だな>【「衝撃! キン肉マンはヤオだった!」みたいなタイトル(うろおぼえ)のスレ】

2chの膨大な玉石混交を読みやすくするまとめサイト意義を当方は認めるが、中国や韓国の二束三文の時事ネタでまとめ作るより、こういう人類の財産のような2chスレをまとめサイトはまとめんかい。

2016-08-25

シン・ゴジラ「巨災対」関連パロ見て「(日常を描く)二次創作」にされやすい作品とは?を考えた/「ヘルシングは、実は映画。俳優の素顔は…」というパロがある

| シン・ゴジラ「巨災対」関連パロ見て「(日常を描く)二次創作」にされやすい作品とは?を考えた/「ヘルシングは、実は映画。俳優の素顔は…」というパロがあるを含むブックマーク シン・ゴジラ「巨災対」関連パロ見て「(日常を描く)二次創作」にされやすい作品とは?を考えた/「ヘルシングは、実は映画。俳優の素顔は…」というパロがあるのブックマークコメント

尾頭ヒロミがガッツポーズ!「君が落ち着け」は当日決まった! #女性限定鑑賞会議シン・ゴジラ裏話披露 - Togetterまとめ http://togetter.com/li/1016084

とまあ、不思議な感じで、シン・ゴジラは脇役への人気が盛り上がっていることは以前からお伝えしたとおり。

ぼくが巣くっているtogetter

http://togetter.com/t/%E5%B0%BE%E9%A0%AD%E3%83%92%E3%83%AD%E3%83%9F

http://togetter.com/t/%E6%B3%89%E4%BF%AE%E4%B8%80


こんなありさまなわけ。(ちょっと当方もかかわったのはおいとけ)

こんな話にまで波及していった。

シン・ゴジラ二次創作キャラを歪めた性役割の押し付けと批判手作り弁当差し入れる尾頭さん - Togetterまとめ http://togetter.com/li/1014624

ポリコレだいすっきこ(主に見物)のぼくとしては、いろいろ興味あるところもあるのですが、

もう、ここで火はつけたので、あとは火の拡大は遠方から見ていようと。

シン・ゴジラ女性性を強調しない登場人物(尾頭課長補佐)が人気に見えるのは、ポリコレ的に大変いいこと…なのかしら? - http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20160810/p2

f:id:gryphon:20160818080153j:image

それは

ともかく

本題に


こういうパロディにしやすい、なりやすいものと、そうでないものの違いは??

それぞれの個性ある人がたむろする組織、チームものってたくさんあるじゃん。

シン・ゴジラがその中で目立つのは…まずは「ヒットしたからパロも手掛ける母集団が多い」と「お前(gryphon)がシン・ゴジラに興味があったりまとめ作りをしたから目についただけで、ほかのアニメ漫画映画だってこういう想像やパロは無数にある。それを見てないだけだ」

と言われたら、両方とも正論なので、ここで終わる(笑)

だが、仮にシン・ゴジラや「巨災対」という枠組みがパロ、それも日常を補完するようなものを作りやすいとしたら、なんだろうねえ……

http://togetter.com/t/%E5%B7%A8%E7%81%BD%E5%AF%BE


だいたい、自分はいまだに「ある創作作品をもとに、ファンなどの作者以外が別の物語をつくる」というとシャーロックホーム図の「パロディパスティッシュ二次創作ちう言葉はなかった)」を基点にして考えてしまう、古いというか完全に時代区分が違うような発想になってしまう。

このへんの二次創作で…とくに、うえでの性分業うんぬんに関するまとめは、読んでみるとポリコレの話以上に「オリジナル作品中に出てきた人物のキャラクターを正反対に二次創作で描くのはどうか」「いや、むしろあえて外して、正反対のことをやらせるのがいいんだよ!」みたいな議論が盛り上がっている。

読んでみると、それもなんか、どこかに膨大な議論の蓄積、所与の前提があるっぽくてな……。


いま書いているけど、そういう「巨大な何か」(知と議論の集積)が、どこかにあるらしい、ということを観測したところで、探検隊はむりせず引き返してもいいくらいだ。


ただ、思いつくのは「大真面目に描く作品のほうがパロディはしやすいのだろうな。自己言及するような作風自分自分を率先してパロディにするような作品は、むしろパロディがやりにくいのでは」

・・・・と、これは観測範囲にあるゆうきまさみ椎名高志の観察をした結果の仮説。

まあ、仮説とかいわないでも、厳格な校長センセや教頭センセをいじるほうが、話の通じるノリのいい若手教師をいじるより面白い、というのは常識に近い話だけど。


以前驚き、膝を打った「この物語映画で登場人物は俳優撮影後はリラックスして仲良くしてる」という形での二次創作

偶然、なにかで見たんだっけな・・・なんで知ったのかは忘れたが、すごく個人的には驚天動地な二次創作パロディtogetterまとめを読んだのだった。

映画パロ】HELLSING映画の中だったら - Togetterまとめ http://togetter.com/li/797081


siro(アローラのすがた) @shiroshiro9 2015-03-16 00:18:43

セラスちゃんはほぼアイドル枠での登用だったけど、覚醒の演技が評価されて新人女優賞を獲るとか


siro(アローラのすがた) @shiroshiro9 2015-03-16 00:21:53

撮影がそれこそ年単位で長期に渡ったから、ウォルター役の俳優さんがアクションできなくなっちゃって若返る脚本に変更になった、とか


siro(アローラのすがた) @shiroshiro9 2015-03-16 00:25:32

シュレディンガー役の子役撮影期間中に声変わりして大変なことに

siro(アローラのすがた) @shiroshiro9 2015-03-16 00:26:42

ベルナドットさん役の俳優さんは実は普段は静かな人で、楽屋でもほぼ喋らないとか


siro(アローラのすがた) @shiroshiro9 2015-03-16 10:43:38

マクスウェル役の俳優さん、性格はわかんないけどとりあえず数少ないカツラ装備のうちの一人だと思う。地毛はほぼ茶色の金髪とかで


siro(アローラのすがた) @shiroshiro9 2015-03-16 10:51:30

アンデルセン俳優さんは超大御所アクション俳優で、アクションシーンも極限までスタントマンを使わないことに定評がある人。もう結構なおじいちゃんだけど、めっちゃ体鍛えてる系の 恐らく作中で一番ギャラが高い。


なん

なんだ(笑)

というか、天才的才能としか言いようがない・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

この前abemaTVアニメーションが一挙放送されたそうで、その前に紹介していればよかったかねえ。

HELLSING OVA 一挙放送

平野耕太原作漫画HELLSING」(ヘルシング)、OVA版をネット初解禁! 『OVA HELLSING』一挙放送オリジナル映像も。

8月21日(日)19:00 〜 8月22日(月)03:18

番組概要

英国国教を脅かすフリークスどもを倒すために設立された特務機関通称ヘルシング部隊。その最強の化け物ハンターアーカードと呼ばれる本物の吸血鬼だった。

https://abema.tv/channels/anime24/slots/PDAVAcuWkRT


「この作品は実は映画なんです。撮影の合い間の、登場するスターの素顔」

というパロディが秀逸なのは、どんな二次創作でも、よほど設定を考えないと、憎みあっている仇敵同志が仲良くしたり、不幸な登場人物がニコニコ幸せそうだったり、時代や場所的に会えない登場人物同士を合わせるなんてのは難しい(そうでもないのかなあ?)

そういう問題を、すべて解決しちゃうからね。

さらに、上のほうで議論を紹介した「キャラクターの性格と正反対なことを、二次創作でもやらせるのは変だ!」「いや、あえて正反対のことやるから面白いんやろ!!」な議論も、すべて最初からフリーパス(笑)

俳優なんだから、クール女性学者「役」の女優さんが実は家庭的に料理差し入れたり、なんてことがあっても、そりゃおかしくないだろう。

ただ、惜しむべきはシン・ゴジラはもともとが映画なので、このやり方でパロはできないということだ(笑)


さらに、ことほどさように使い勝手のよさそうな「あの作品、実は映画だよー。俳優の素顔は…」という二次創作は、非常に隆盛を極めていて、どこでもそういうのが作られているのか…?と思ったら、そうでもないらしい。少なくとも、どの作品でもこういうのができてる、ってことではないようだ。


仮にヘルシングだけなら、なぜHELLSINGだけ、こんな秀逸なパロディを、複数人間の共同作業で作ることができたのだろう?とも思うが、大きな理由は「まことに偶然に、これに興味を持った、個別の、しかも数人の天才がいた」のようだ。

と同時に、ヘルシング外国舞台で、あまりにもハリウッドの大作映画的なイメージがあり、登場人物も「ハリウッド役者さん」をイメージしやすかったからだろうね。

無責任に他の作品で考えるなら「ヴィンランド・サガ」や「ヒストリエ」や「パンプキン・シザース」のような、やはり日本離れした作品のほうが想像しやすい…いや、「よつばと!」もかえって想像しやすいか?

実はよつば役の女の子は早熟で頭のいい天才子役で「いかに無になれるか、そこが演技のポイントかなと思いました」とかインタビューで答えたりするの(笑)



さらにいえば、平野耕太氏の友人で交流がある広江礼威氏が、どこかでまさに「ブラックラグーン映画シリーズで、登場人物は俳優なんです。その素顔」という設定のパロを自分で書いているそうな(以前、このブログコメント欄で教えてもらった)。ファンが大きくかぶるから、そういう遊びをしっていたのだろうね。というかまとめ冒頭に「広江先生のような」と書いてあるっけ

なんにせよ、感服しごく。注文をつけるとすれば、この余勢を駆って「ドリフターズ」もやってください、ぐらいである(笑)


「この物語は、実は映画です。俳優が演技しています」という設定は

ゆうきまさみ氏が「鉄腕バーディ」のおまけ漫画でトライし

f:id:gryphon:20160825112918j:image f:id:gryphon:20160825112919j:image

またものの本によれば、

冨樫義博氏が、「幽遊白書」の本編でそれをやろうして、編集部に止められた、ということである・・・・・・・・・。


そういう情報を一覧にしました。続報記事をかきました。

http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20160826/p2

「共感的羞恥」が、ついにメジャーデビューしたらしい(「怒り新党」で特集)

| 「共感的羞恥」が、ついにメジャーデビューしたらしい(「怒り新党」で特集)を含むブックマーク 「共感的羞恥」が、ついにメジャーデビューしたらしい(「怒り新党」で特集)のブックマークコメント

その番組を見られたわけじゃなく、あとで反響を知った。

twitter上に、トレンドになっていたのだよ。

twitterの検索結果はすぐに見えなくなるけど、一応おいておく。

https://twitter.com/search?q=%E5%85%B1%E6%84%9F%E7%9A%84%E7%BE%9E%E6%81%A5&src=tyah

怒り新党」で取り上げるとはね。

この番組への反応まとめもできた

怒り新党】『共感性羞恥』というあの現象→分かる分からないで盛り上がる人々「ツイッターだと多い気がするのはなぜだ」 - Togetterまとめ http://togetter.com/li/1016242 @togetter_jpさんから

このブログをさかのぼると、昨年10月ぐらいに「こういうことあるよね?」「あるある!」が、大いにtwitter話題になったのが昨年の10月ごろ。


"恥をかくシーン"が苦手な人たち - Togetterまとめ http://togetter.com/li/889708


で、僕はこういうふうに感想を広げていった。

物語で「恥をかく」場面で自分もいたたまれない…という事象例がこんなにある驚き。 -http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20151023/p2


まず自分の興味としては、これだけワッとブクマコメントがつく「現象」が存在していたのに、概念としていままではほとんど論じられたり注目されたりということがなかった、ここに興味を引かれた。

概念というのは、案外と未知の大陸がいまだに手付かずで残っているものだなあ、と。新種の動物昆虫遺跡を発見したという報道に接したときの驚きや興奮に近いといったらわかってくれるだろうか。

さがせば「昔からこれを指摘する人はいたよ」という例もあるだろうけど、やはり大まかにいえば「新概念」というべきであり、今回の番組は、この新概念の「メジャーデビュー」だった……と、言い切っていいと思う。


自分は、「あとで論文にも直接触れて、ウィキペディアに項目を作りたい」とも言っていたけど、それはどうもかなわなかった。

(いまからでも、まずは作っちゃえ!とポンコツな項目建てをすることはできる。そうするかもしれん)


ただ、この言葉でいまグーグル検索すると、非常に重要な研究トップで出てくる。

本日はこのブログへのアクセス、千客万来だろうな…

そのとき紹介していたけど、再度。

恥をかくシーンが苦手という感情は、どのように語られてきたか - 趣味は検索 http://b8270.hateblo.jp/entry/20151123/1448287200

 

あの恥ずかしい気持ちには名前があった - 趣味は検索 http://b8270.hateblo.jp/entry/20150121/1421845583

この「趣味は検索」ブログは、さまざまなものの初出や歴史を探しているので、放送作家的にはネタの宝庫。

今回の共感的羞恥も、ネットで、togetterネタをひろったんだろうと思うけど(笑)、ぜひほかの人も、この「趣味は検索」ブログには注目すべきだと思う。

こんなふうに、わかりやすい”入口”もあるし

初出探しリンク集 - 趣味は検索 http://b8270.hateblo.jp/entry/20151119/1447938000


まあ、自分NHK番組か何かで最初に取り上げるかな?と思っていたのだが、人気番組怒り新党」での紹介という嬉しい誤算が生じた。

これで、この新概念メジャーデビューとなり、おそらくは定着するだろう。

最初のファンではあったが、あとはスターになっていく姿を見守るよ(笑)。


そしてこの世には、まだまだ、「そういうことってあるよね」「あるある!」という心理現象法則…などが、新概念として拾い上げられるのを待っているのでしょう。

(了)


追記推薦 概念を含めて、「あれには、名前と定義があるんだよ」という情報twitter

身の回りの現象にはちゃんと名前がある件  https://twitter.com/phenomenoooooon



追記予告 カトゆーブログで、この研究がCOMING SOON!!!


カトゆーブログといえば

死亡フラグ歴史

日本でのハロウィン定着を、アニメ描写から探る」

などの金字塔研究を行ったブログだ。

この両方のテーマとも、自分は時期的には負けないぐらい早く追求し、しかし質的には遠く及ばない(というか自分はわからん!で投げ出した(笑))という経験をしたので、すごさは逆に誰よりも実感している、のでアル。

期待すべし

ベンヘンやローリーなど、なかなかの一軍をUFCから引き抜いたベラトール。27日にabemaで放送

| ベンヘンやローリーなど、なかなかの一軍をUFCから引き抜いたベラトール。27日にabemaで放送を含むブックマーク ベンヘンやローリーなど、なかなかの一軍をUFCから引き抜いたベラトール。27日にabemaで放送のブックマークコメント

HachiHachi 2016/08/25 04:17 たびたび言及していただき、ありがとうございます。

以下、ここを御覧のかたへ向けて。
「初出探しリンク集」では、他の方々が書かれたレベルの高い記事を紹介しています。そのレベルを期待して私のブログを読まれた場合がっかりされると思うので、あまり期待をせずに読んでいただければ幸いです。

tennteketennteke 2016/08/26 10:37 >>この物語は映画で登場人物は俳優。撮影後はリラックスして仲良くしてる
こち亀も一度、話が終わって撮影終了のシーンになって、作者が「ページ計算間違えた!二ページ分やって!」ってのがありました。

2016-08-24

恒例議論「レスリング独自の関節技はあったか?柔術の影響か?」〜リオ五輪で再び

| 恒例議論「レスリング独自の関節技はあったか?柔術の影響か?」〜リオ五輪で再びを含むブックマーク 恒例議論「レスリング独自の関節技はあったか?柔術の影響か?」〜リオ五輪で再びのブックマークコメント

また、この話しまっす。

http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20160821/p1

のごく短い一節・・・・

レスリングから、自然関節技概念はうまれそう

アンクルとか、ふつうに解説は「相手は我慢してたから足へのダメージは相当ですよ!」とか言ってるものな。そこから「極め」を発展させるには、やはりルールに制約があるのだろうか。

からの〜〜コメント欄

転載

id:fullkichi1964 2016/08/21 11:52

>アンクルとか、ふつうに解説は「相手は我慢してたから足へのダメージは相当ですよ!」とか言ってるものな


あれに足差し入れて引っくり返せばそのまんまサソリ固めの出来上がりですよ(笑)

ゴッチ長州に伝授したというのが定説ですが、あの仲の悪い二人の間でホントに伝授があったのか、実は長州アマレス流アンクルをヒントにして作ったオリジナルなのか、ルーツを調べたいところです(^^;)。


gryphon 2016/08/22 05:47

マサ斎藤が「刑務所時代に考案した、脱出不要の監獄固め」とPRしたのを、あとで谷津嘉章が、「これはアマレスの後輩いじめの技なんだよ」と”暴露”したこともあったなあ。

これが大きな例の論争 柔術からの刺激を受けて初めて欧米サブミッション体系が本格的に生まれた、かどうか?とつながっていくなりけり。


4fullkichi1964 2016/08/23 03:04

これはご覧になっているだろうか、沖識名の師匠であるタロー・ミヤケこと三宅多留次の柔術紹介映像

https://www.youtube.com/watch?v=HAVyBQxo4yk

D

前田がウイリーを破った時に用いた足掛けアームロック(Vクロスアームロック)からV1アームロック猪木がアンドレがらギブアップを奪った形の腕固め、B柔術でも用いる下からの腕十字、そして藤原組長が用いたスタンドのアキレスから何と「逆片エビ固め(ハーフボストンクラブ)」まで!!

ここまでくると、果たしてプロレスサブミッションはどこまでがキャッチのオリジナルなのか、どこからが柔術から導入されたものなのか分からなくなってきますわね(^^;;;)。

ついでに言えば、当方こちらのコメント欄で述べたことだけど、85年か86年に日曜7時半に流れてた「THEチャレンジャー」なる番組カール・ゴッチ自分寝技ルーツを「ジュージュツ、ジュージュツ」と言ってた記憶あり。

http://d.hatena.ne.jp/fullkichi1964/20160702/p1

おそらくゴッチのいう「ジュージュツ」とは、まさにタロー・ミヤケや前田光世コンデ・コマ)や谷幸雄(スモール・タニ)が20世紀の頭にヨーロッパを訪れて当時のキャッチレスリングに影響を与えた初期柔術なんだろうなあ、と・・・。


とおりすがり 2016/08/23 21:49

メキシカンストレッチ類はどっから来たんでしょうかね?

とゆーかルチャのちゃんとした起源ってなんじゃらほい。

戦前のガス灯レスリングの時期から別れたプロレスにしちゃ関節技系多すぎるし

柔術日本でもブラジルでもいいけど)の影響があったんかどうか・・・分かる人います?

まあサソリ固めはアンクルホールドよりテキサスクローバーホールドの改良(造)の方

が正しいと思うけど。入り方なんて全く違うしね。


fullkichi1964 2016/08/24 05:26

>とおりすがりさん

少なくとも、長州サソリ固めを使いだしたのはデビュー時の74年、

テリーテキサスクローバー使い始めたのは82年頃のはずですよ。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%AF (←得意技の項目参照)


gryphon 2016/08/24 06:18

サソリ固めはルーチャ(マサ斎藤風)のジャベだよ、という主張がたしかにあるにはあるはず。たしかマスカラスが、古い絵を見せて主張してた(笑)/ ルチャにもシューターはいるが、それは基本レスリングの強い選手だ、という話もどこかで聞いたな。。。

このへん、まとめてコメント採録して新しい記事にします

fullkichi1964 2016/08/24 06:46

そういえば、70年代にゴッチメキシコをたびたび訪れてて、その時に向こうのジャベの使い手レネ・グアハルドと技術交流したとか。そのときにサソリ固めが伝授されたとすれば辻褄は合いますね。

ちなみにレネ・グアハルドは50年代前半に当時の名選手ローランド・ベラに師事していて、そのベラはアメリカからメキシコに流れてきたトルコ移民シューターであったジョー・スタンレイに技術教授されたとか。メキシコのジャベがトルコレスリングの影響を受けたものであるならば、その技術が独特であるのも納得がいくような・・・(この辺、Gスピリッツ8号ドクトルルチャ氏の記事より)。

この段階で普通のひとはあきれるだろうが、もっとあきれることに、この議論は「よせてはかえす波の音」で、少なくともこのブログでは何度もやっている(笑)

キャッチレスリング柔術を考える・延長戦(Gスピ+「翻訳blog」) - 見えない道場本舗 (id:gryphon / @gryphonjapan) http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20081127/p2


キャッチレスリング柔術の関係についての議論、佳境に(翻訳ブログ那嵯涼介) - 見えない道場本舗 (id:gryphon / @gryphonjapan) http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20081206/p6


天使サブミッションマスター?旧約聖書創世記」に関節技?が描写されてる、という。 - 見えない道場本舗 (id:gryphon / @gryphonjapan) http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20160216/p3


ルー・テーズ桜庭和志と伝わる「ダブルリストロック」と木村政彦グレイシーと繋がる「キムラロック(腕絡み)」は同じか、別物か? - 見えない道場本舗 (id:gryphon / @gryphonjapan) http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20140929/p1

自分が思い出せた範囲の記事でこんなに(笑)

われわれって・・・・・・・・・・・・・・・・


ところで、サソリ固めとカール・ゴッチに関しては、長州力ゴッチの関係がしっくりいかなかった(これは、アマで実績ある格闘技者はプロレスでのガチなんかに興味なく、逆に格闘技経験のないプロレスラーこそガチにはまる、という逆説の典型であり、そこも興味深い)という話の検証が重要なのだが、この前読んだ「真説・長州力」には、この対立が決定的になり、どうも非公開でこの二人は徹底的なガチスパー(半分喧嘩)をやったらしい・・・というような描写があったと記憶している。

確実ではないので参考までに。

参考

昭和新日道場で「UWF組」と「レスリング柔道転向組」はどんな関係だったのか - Togetterまとめ http://togetter.com/li/770530

リオ閉会式「登場しなかった和製有名キャラ」に関するおもしろツイート。ピカチュウ「なぜ呼ばない」手塚治虫「何かが足りないなぁ〰」

| リオ閉会式「登場しなかった和製有名キャラ」に関するおもしろツイート。ピカチュウ「なぜ呼ばない」手塚治虫「何かが足りないなぁ〰」を含むブックマーク リオ閉会式「登場しなかった和製有名キャラ」に関するおもしろツイート。ピカチュウ「なぜ呼ばない」手塚治虫「何かが足りないなぁ〰」のブックマークコメント

GO!


「もし手塚治虫閉会式を見たら」


言わずもがなの解説ですが、上記アオイホノオ引用場面で、手塚治虫先生は一般的な意味で「何かが足りない」と言ってるのではありません。ガイナックスの前身であるマニア集団(岡田斗志夫庵野秀明)がつくった、伝説パロディアニメ「DAICON4オープニング映像

D

に、多くの有名キャラクター著作権無視で無断使用されているのを見て「なぜ、僕のキャラクターを出さないんだね?」という意味で語っているのです。

じゃあ、今回のリオの演出を見たら……

しかし、本番直前までリテイクされたら困るよ、と。

「船瀬俊介さんがいるから、週刊金曜日ではホメオパシー批判はできない」…藤倉善郎氏語る(まとめもあり)

| 「船瀬俊介さんがいるから、週刊金曜日ではホメオパシー批判はできない」…藤倉善郎氏語る(まとめもあり)を含むブックマーク 「船瀬俊介さんがいるから、週刊金曜日ではホメオパシー批判はできない」…藤倉善郎氏語る(まとめもあり)のブックマークコメント

ふむう。

まとめました。

ホメオパシー批判はできない?〜「やや日刊カルト新聞」の藤倉氏が、自ら経験した「週刊金曜日タブー」語る - Togetterまとめ http://togetter.com/li/1015828

「露出が高いというけど『美女以外するな』の同調圧力が凄い」「大学教授すら『男らしくない職業』と男性から忌避される」…ある国に関するツイート

| 「露出が高いというけど『美女以外するな』の同調圧力が凄い」「大学教授すら『男らしくない職業』と男性から忌避される」…ある国に関するツイートを含むブックマーク 「露出が高いというけど『美女以外するな』の同調圧力が凄い」「大学教授すら『男らしくない職業』と男性から忌避される」…ある国に関するツイートのブックマークコメント




いうておくが、この種の「お国柄」に関する発言がヘイトスピーチに該当するかどうかとかはとりあえず置いておく。

あと、自分ブラジルへ行った経験もなく、またポルトガル語もできないので、同国に関してブラジリアン柔術以外の知識はほとんどない。

見つけた、興味深かった、貼っておく

以上でも以下でもない。


ただ、露出度に関するパラドックスは、一種の「女性解放」という命題パラドックスとして興味深いものがあると思う次第。

転売の「正義論」を、以前マイケル・サンデル教授が議論してたね

| 転売の「正義論」を、以前マイケル・サンデル教授が議論してたねを含むブックマーク 転売の「正義論」を、以前マイケル・サンデル教授が議論してたねのブックマークコメント


これがどういうふうになっても、あまり直接の関心はないのだが、

以前、「転売は善か、悪か?」を「これからの正義の話をしよう」のマイケル・サンデル教授が議論していたのは面白かったので、この機会に紹介しよう。

http://www.itmedia.co.jp/bizid/articles/1009/16/news038_2.html

市場」について、サンデル教授は非常に身近な例から話を始めた。

サンデル 「私は、(大リーグの)レッドソックスが大好きです。今年は残念ながら低迷していますが、数年前にはワールドシリーズに出ました。そのときはたくさんのダフ屋がいました。彼らはどこからか現れてチケット仕入れ市場の何倍もの、ものすごく高い値段で売ります。私はダフ屋は嫌いですよ。でも、ダフ屋という商売が成立しているのは事実です。野球だけではありませんね。例えばマドンナマイケル・ジャクソンコンサートに行きたいと思う人がいれば、ダフ屋は高い値段でそのチケットを売ります。買う人がいれば取引は成立します。ダフ屋チケットを売るのは、正しいことだと思いますか? それとも売るべきではないでしょうか? 手を挙げてください」


では医者は?

 生徒に挙手させると、ダフ屋チケットを売ってもよいと考える人と、売るべきではないと考える人はほぼ半々。その結果を見て、サンデル教授は話を続ける。

サンデル 「ここに来る途中に聞いたのですが、今日のこの(アカデミーヒルズの聴講)チケットが、ネットオークションで売られていたそうですね! うわさでは5万円で売られていたと聞きましたよ。これには何か、いけないことがありますか?……もう少し真面目な例を挙げてみましょうか。春に私は中国に行きました。中国大都市では、医師が不足していて、大きな病院の前には毎日長い行列ができます。これは医師に面会する順番を待つ行列で、時には数日前から並ぶ人もいます。ある人が、ホームレスを雇ってこの行列に並ばせました。ダフ屋は安い賃金ホームレスに払って行列に並ばせ、得た医師に会う権利を病人に利益を付けて売るのです」

 この行為についてどう思うか、サンデル教授は再び学生に手を挙げさせる。すると、賛成とした人はダフ屋のときよりずっと少なく、反対とした人が多かった。

 サンデル教授は、この行為を弁護する学生に手を挙げさせ…

(略)

米国でもやはり、医者に面会し、診断してもらうのにはとても時間がかかる。時には数週間前から予約を取らなくてはならないという。そこで米国では、「コンシェルジェ制度」という方式を採る医者が現れた。コンシェルジェドクターは、限られた人数しか見ない代わりに高い年会費を取る。治療にかかるお金とは別に毎年5000ドルの年会費を払ってくれる人に対しては、すぐに診察するし、携帯の番号も教えてあげる……という仕組みだという。

 「これは北京の問題とは違いますか?」と問いかけ、再びサンデル教授学生に手を挙げさせる。すると、中国病院の例のときよりも、「(コンシェルジェ制度は)よいことだ」とする人が多かった。


この本に、直接載っていたかは覚えていない。けど、上記のItmediaの記事だけでも十分おもしろい。

fullkichi1964fullkichi1964 2016/08/24 07:32 これにすごく納得(苦笑)。さてどうなるやら(^^;;;)<あれスタジオジブリが出てませんでしたね。全然ね。いちばん有名なのに。 たぶんね、もう絶対に宮崎駿さんは安倍政権に味方しないと思って断ったと思うんですけども。必死に説得工作を4年かけて続けると思いますけどね。by町山智浩@TBSラジオたまむすび

tennteketennteke 2016/08/24 13:15 チケット店売問題は、業者が膨大な資本を投下して、一般人には太刀打ちできないことが問題なんじゃ無いかしら。
電話回線を何本も引いてコンピューター使ってリダイアル繰り返してって。
これが人を雇って電話をかけさせてなら、有名裁判で傍聴券を手に入れるために大勢の人を並べさせるマスコミや、年末年始のお年玉袋購入の連中に「売るヤツなんとかしろ!」みたいな人間関係に収めることが出来るけど、
チケット転売は株取引で超高速株取引がアウトになったレベルの問題なんじゃないかしら。

fullkichi1964fullkichi1964 2016/08/25 01:49 実は、「ゴッチは長州にサソリを伝授したか?」についてこんなのを見つけまして(笑)。
http://blog.livedoor.jp/norarinhouse/archives/1658828.html
からのこれ。
http://livedoor.blogimg.jp/norarinhouse/imgs/9/c/9c46e985.jpg
《サソリ固めはデビュー前の5日間にゴッチが伝授した技だが》
5日間(笑)。何と短い(苦笑)。
まあこのときゴッチは、新日本マットで5戦行われた対猪木戦の4戦目・5戦目のために来日しており(この時はお互いフォールを取り合い、1勝1敗)、長州へのサソリ固めはまさに「ついで」であったのだろうなあ、とも(苦笑)。
もっともわずか「5日間」だから長州も反発せず受け入れたのかもしれず(苦笑)。
ちなみにゴッチ道場への入門→破門(笑)はこの後のこと。
まさに長州がゴッチから伝授されたのは、この技一つだったんでしょうなあ・・・。
まさかこの後、40年にわたって使い続けることになろうとは、このとき長州は思いもよらなかっただろうなあとw(^^;;;)。

gryphongryphon 2016/08/25 01:55 まー、プロレスラーにはウリとなるフィニッシュホールドが必要だ、という意味合いでのショーマンシップやギミックはゴッチも受け入れていた(テーズが、キーロックを持ち上げてブレイク…の映像を流智美と一緒にみて「ギミックってのはこういうことなんだ!ペイントや覆面はギミックとは言わん!」と語ったとか。)し、それ以上でも以下でもない気はしますね。ただ源流に、アマのリアルな技もちょっとある…というのはジャーマンもコブラツイストもそうだね。

とおりすがりとおりすがり 2016/08/26 21:43 私もこういう物を見つけました。
http://hidehide7755.blog27.fc2.com/blog-entry-2961.html
まあ、どうなんでしょうね。

fullkichi1964fullkichi1964 2016/08/27 01:41 >とおりすがりさん
長州より4年早くとなると70年ですか。
(メキシコ→)ゴッチ→長州ラインより4年はやく、メキシコ・ジャーベからサソリを導入してた選手がアメリカにいて、佐藤さんもそれを取り入れていたということなんですかねえ。
なかなかに奥が深い(^^;)。

てんたてんた 2016/08/27 06:48 「レスリング独自の関節技はあったか?柔術の影響か?」はもはや論議にならないでしょう。答えはもう出ています。
那嵯涼介さんも「月刊秘伝」2016年3月号(No339)に書かれています。

とおりすがりとおりすがり 2016/08/27 22:27 >>fullkichi1964
いや、本自体を買ってないので詳しいことは分からんのですが。
ブログの(略)が正しければ、馬場さんはアメリカでサソリを見たよ。(際遅で64年?)。
佐藤さんが使ってる技と同じだよ。
佐藤さんは前座(デビュー70年、日プロ)で使っていたよ。本人オリジナルかは不明。
ということだけなんですよね。
ゴッチさんは68年から日プロでゴッチ道場をやってたようなので、ゴッチルートで
技術が佐藤さん(日プロ、新日プロ)に伝わった可能性もありえるわけで。
ただ必殺技になって無いだけのたまにしか出ない技にオリジナルネーム付けただけかも。

fullkichi1964fullkichi1964 2016/08/28 06:38 >とおりすがりさん
なるほどー。
ただ、日プロのゴッチ道場は69年の4月に閉講が決定し5月3日にゴッチさん離日してるので、少なくともゴッチさんから佐藤さん(70年5月入門)直接の伝授ではないですね。
ゴッチさんから日プロの誰かに伝授されて、そこから佐藤さんに伝わったということかも。ゴッチさんも「逆エビの一バージョン」ぐらいの認識で教えて、これほどメジャーな技になるとは思ってなかったのかもですね(笑)。
しかし前座でそんな変則的な技を使うとは、佐藤さんなかなか技術吸収に貪欲な新人ですよね(^^)。

2016-08-23

エチオピアの皇帝を勝手に「黒人の救世主」と崇める運動があった(ラスタファリズム)

| エチオピアの皇帝を勝手に「黒人の救世主」と崇める運動があった(ラスタファリズム)を含むブックマーク エチオピアの皇帝を勝手に「黒人の救世主」と崇める運動があった(ラスタファリズム)のブックマークコメント

小川寛大氏といえば12000人以上のフォロワーがいる人気twitterアカウントの持ち主であり、これまでも何度も紹介した。

https://twitter.com/grossherzigkeit

南北戦争研究家としてもしられていて、

日本研究科フォーラム運営会報を出していることでも知られています。

で、この夏。


わたくし、ひょんなことから、全くありがたいことにこれを頂くことができましたことよ。

(混雑と暑さの中で直接購入された方には申し訳ないが…)

で、今回の「リベリア構想」の話はたいそう面白かったのです。

断片的には聞いていた話だが、こんなふうに登場人物や事件はつながってたのかー、と。

とくに、アメリカの解放奴隷建国したリベリア歴史は「抑圧された人々は真のやさしさを持ち、他人にも優しくできる」という話は幻想なのか、一片の真実を認めてもいいのか・・・と思わせる何かがあり、また「自由約束の地を、勝手に作られても周囲が困る」という、一種の「早すぎたイスラエルプロローグ」でもあり、面白かったです。

だが、このへんのリベリア構想の話は、さわり的に小川氏のツイートで概要を知ることができる。

そこでちょっと脇道の「ガーベイ主義」を打ち立てたガーベイの話、そこから脇にそれていった、エチオピア皇帝崇拝の話を紹介したい。

ガーベイさんとは

wikipedia:マーカス・ガーベイ にも項目が立っているぐらいの人。

だがウィキペディアも、今回の会報ほどにはくわしくない…のだが、さわりとしては十分な感じだ。

ガーベイはそもそもアメリカ奴隷階級ではなく、ジャマイカで、「上流のインテリではないが社会の底辺でもない」財産をある程度もった黒人の家で育ち、その後英国米国黒人解放運動にかかわったのだそうだ。

十分な知的訓練を経ていないため、議論運動の進め方には粗雑なところがあったそうで、それらの弱点はだいぶあからさまなのだが、それをも飲み込むカリスマ性や迫力があったのだという。

で、そういう土着的な汗臭い思想


人種間には相違があり、一緒に暮らせるものではない

黒人は「白人より優れている」

・だからアメリカ黒人アフリカ(たとえばリベリア)に移住すべきだ・・・


などの、今から見るとポリコレから遠く離れた発想にいたり、結果的KKKとガーベイが会談したうえで「同じではないという共通認識を確認した」りするのだった。



黒人を解放する王がアフリカにやがて現れる!」(語り手、適当に)→「ハイエ・セラシエ様がエチオピア即位なされた!彼こそ解放者だ!」(受け手妄想


予言者勝利の条件は一にも二にも「できる限りあいまいに」なのだが、あいまいすぎると時として逆襲される。

たしかにガーベイは

アフリカに新しい王が現れるとき、黒人解放の日は近い」とかハッタリをかましたのだが…

受け手はこうなる。

f:id:gryphon:20160823015918j:image:w640


わははは。

で、自分は『情報物語や「ごっこ遊び」が暴走したり、雪だるま式肥大していって大事件を起こす』…みたいな話を、実話でもおフィクションでも好む。

ここにて一度、そういう作品リストつくりをしたことがあった。

「擬似イベント」というか「情報の独り歩き」を描く作品集。このジャンルをなんと命名すべきか…(仮命名「心理メディア操作もの」) - http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20150817/p3

過激運動家が適当なハッタリで言った「予言」が独り歩きし、とある一個人にとんでもない方向からの期待が集まる…っていうのは、実に皮肉ではないか。

そういえば小川氏は熊本のご出身だが、地震被害にあった熊本城をかつて攻撃した幕末明治カリスマも「薩摩に新しい王が現れるとき、第二維新の日は近い」という崇拝者の妄想によってあのような最後を迎えたのではないかな…


ハイエ・セラシエ皇帝小川氏評によると「よくいる強権的な専制君主に過ぎず」ということだが、ほぼ同時期を生きた、非ヨーロッパ皇帝として昭和天皇戦前日本交流があったり、皇室華族との婚礼に関係して大衆の興味を惹いたりと、ちょっとした存在感昭和史に刻んでいる。

いちどtwitterで…、あ、このときのやりとりも小川氏とだった。

https://twitter.com/gryphonjapan/status/448405102265516032

OGAWA Kandai @grossherzigkeit 2014年3月25日

面白いのはこの1933年朝日新聞において、「かくてドイツ共和制は…実質的に圧殺された」と、ナチに対して否定的文言での報道になってる点だね。ムッソリーニに対しても、「日本と同じ有色君主制国家エチオピアを侵略する野蛮な独裁者」みたいな報道が当初は多かったらしいし。>RT

gryphonjapan

@gryphonjapan

山本七平の「昭和東京ものがたり」で「エチオピアって国も万世一系らしいぞ…」「しかも日本より古いらしいぞ…」と、エチオピア話題になり、学校先生にきいたらごまかされた、という思い出を山本氏が語ってました。当時皇族との婚姻話があったそうで。 @grossherzigkeit

昭和東京ものがたり〈1〉 (日経ビジネス人文庫)

昭和東京ものがたり〈1〉 (日経ビジネス人文庫)

昭和東京ものがたり2(日経ビジネス人文庫)

昭和東京ものがたり2(日経ビジネス人文庫)

OGAWA Kandai @grossherzigkeit 2014年3月25日

@gryphonjapan King of Kings, Lord of Lords、生ける神Jahハイレ・セラシエですよね。善王とは呼べない人でしたが、マーカス・ガーベイの「アフリカに黒き王が現れたとき黒人は解放される」という予言のせいで担がれるという悲喜劇を生きた人でした。


gryphonjapan @gryphonjapan 2014年3月25日

へえ、そんな背景があったのか。昭和天皇は同世代の非白人皇帝同士として親しみがあり、失脚したり亡命先で客死したときはかなり衝撃を受けたそうですね。 @grossherzigkeit


ハイエ・セラシエの王朝革命で断絶し、皇帝亡命先で亡くなった。

そのとき、昭和天皇は追悼の御製を詠んだ。


山形浩生氏が、彼の伝記を推奨している。

カプシチンスキー『皇帝ハイレ・セラシエ』:淡々とした側近の談話で紡がれる皇帝晩年おもしろさは太鼓判だが時代背景とその後の歴史は予習必須。 - 山形浩生の「経済トリセツhttp://cruel.hatenablog.com/entry/20120403/1333426847


明治日本イスラム知識人から「明治天皇改宗されれば、カリフになるのだが…」とか勝手に期待されたり。

世界の歴史〈20〉近代イスラームの挑戦 (中公文庫)

世界の歴史〈20〉近代イスラームの挑戦 (中公文庫)

日露戦争勝利は「電流のように」中東イスラム圏に伝わった。

日本人と我らのルーツは同じと主張するドルーズ教徒

死期が迫る中でなおも日露戦争の最新ニュースをせがむチュルケスの老人、

逆にロシアが敗れるたびにミサを上げるギリシャ正教信者…などの様子をガートルード・ベルの「シリア縦断紀行」は記している、という。「アフガン辺境英軍被害があると、ダマスカスの英人旅行者馬鹿にされる」ほどの情報ネットワークのすごさにも彼女は驚いたという。

で、日本紹介の書もつぎつぎにエジプトイランで発行された。

「昇る太陽

日本乙女

「ミカード・ナーメ(天皇の書)」

日露戦争物心の教訓ならびに日本勝利の原因」……。

そして

こうした気分のなかで、日本イスラーム国家となれば天皇がカリフとなるのが至当だとか、天皇がすでにイスラームに入信して人前で苦も無くコーランを読んでみせたといった、荒唐無稽だが好意あふれる風聞が、オスマン帝国ばかりかイスラーム世界にひろく流布したのである。単行本版405P)


しかし、明治天皇やハイエ・セラシエ皇帝に向けられたさして根拠のない期待や崇拝……こういうものの最後のしっぽ、いや尾てい骨が、60-70年代に最盛期を迎え、その後も名残が多く残った、日本進歩主義陣営(いや、保守派も少なからずいたか)における毛沢東金日成崇拝だったかもしれんなあ。


まれ、そんなことを読んで、考えたのでした。

この会報がこんご手に入れることができるかどうかは、直接twitter小川寛大氏@grossherzigkeit にお尋ねありたい。