星のつぶやき このページをアンテナに追加 RSSフィード


PHD2の日本語マニュアルを公開しています。こちらからどうぞ。


個人サイト「Starry Urban Sky」もよろしく。

2017-02-19

[]最大光輝直後の金星 22:00 最大光輝直後の金星を含むブックマーク

17日に最大光輝*1を迎えたばかりの金星。それから2日ほど経ちましたが、明るさはほとんど変わっていませんので、きれいに晴れた19日、白昼の撮影を行ってみました。


【注意!】

日中の撮影は、太陽に十分注意が必要です。何の対策もないまま、万が一、望遠鏡が太陽の方を向くと、機材の破損や火災、失明の危険性があります。撮影を試みる場合は、目標を導入したとき以外、望遠鏡のキャップを外さないなど、細心の注意を払ってください。


f:id:hp2:20170219214850j:image

普段の惑星の撮影ならEdgeHD800を持ち出すのですが、日中はそもそも気流が悪く、また太陽に暖められて筒内気流が盛大に発生しそうなこと、金星の場合、普通の撮影方法では模様などほとんど見えないことを考え、鏡筒はED103Sを選択しました。これに接眼レンズ(NLV10mm)をつけ、「拡大撮影アダプター」を介してASI120MCを接続します。ASI120MCにはM42(P=0.75)のネジ(いわゆるT2規格)が切られているので、「拡大撮影アダプター」のTリング取り付け部に直接ねじ込めます。

f:id:hp2:20170219214851j:image

2017年2月19日14時20分59秒(日本時間)

ビクセン ED103S+NLV10mm(D103mm, f3180mm) SXP赤道儀

ZWO ASI120MC, 10ms, 900フレームをスタック

さすがは日中。輪郭が崩れるほどの悪シーイングでしたが、なんとか三日月型の姿を捉えることができました。鏡筒に直射日光が当たらないような場所で撮ればもう少しマシだったかもしれませんが、家の立地的にこの場所でしか撮れませんでした。道路に出れば日陰の場所はあったものの、交通量を考えると……。ちなみに撮影時のシーイングはこんな感じ。

D

撮っておいていうのもなんですが、よくもまぁ、こんな状態から復元できるものです。

なお、写真は伝統的な惑星写真の流儀に従い、南を上にしています。ただ、このあたりは観測者によっても混乱があるようで、特に内惑星の場合は、太陽との位置関係を考えたときに不自然にならないよう北を上にする場合も多いようです。現在は国内外、撮影者の公私問わず混在している状況で、いずれどちらかに収束していくにしても、かなりの時間がかかりそうです。


金星が三日月型のときに最大光輝になるのは、輝いている部分の割合と金星-地球間の距離の関係。一見、欠け方が大きいので暗くなりそうに思いますが、その分、地球に近づいているので結果として明るく見えているのです。金星はこの後、欠け方がさらに大きくなるとともに地球に近づき、また見かけ上、太陽にどんどん近づいていきます。夕方の空に見えるのもあと1か月ほどです。


ついでに、上の写真だとあまり「昼間感」が出ないので、接眼レンズに手でコンデジPowerShot S120)を押し当てての「即席コリメート」でもパチリ。

f:id:hp2:20170219214852j:image

臨場感としては、やはりこちらの方が上でしょうか。

*1:最近は「最大光度」という場合も多いようですが、個人的には「最大光輝」の方がしっくりきます。「光度」はあくまでも明るさのことであって、最大光度を記録する現象としては「最大光輝」の方がふさわしいのではないかと。ちなみに「最大光度 金星」でググると84600件、「最大光輝 金星」だと218000件です。

2017-02-14

[]ステライメージ8 ファーストインプレッション 02:25 ステライメージ8 ファーストインプレッションを含むブックマーク

f:id:hp2:20170215020009j:image

2月14日、ステライメージ8(SI8)が発売となり、アップグレードを申し込んでいたウチにも商品が届きました。早速インストールしてテスト……と思ったのですが、発売日当日に早くも8.0aへのアップデータが。ユーザーの方は忘れずにアップデートしておきましょう。


さて、以前の記事でSI8への期待と不安について書きましたが、これらの項目がどうなっているかが気になるところです。また、今回のバージョンアップの目玉ともいうべき新UIはどんな具合でしょうか?


UIについて

f:id:hp2:20170215020010j:image

SI8を起動すると、「自動編集モード」と「詳細編集モード」のどちらを選ぶかのダイアログが出てきます。前者を選べば新UIが、後者を選べば従来通りのUIが現れます。なお、これらのUIは起動後も互いに行き来が可能です。


UIでは、ファイルの読み込みはWindowsの標準のパネルを使う仕様になりました。その結果、読み込みは高速に。ただ、こちらはこちらで仕様上、撮影情報やサムネイルが事前に確認できないので、一長一短といったところです。

f:id:hp2:20170215020011j:image:w640

機能はほぼ一か所のパネルにまとまっていて見通しはいいのですが……できることが従来UIに比べると極端に少なくなっています。ガンマフラット不可、ヒストグラムの表示不可、デジタル現像不可、かぶり補正不可、マスク処理不可 etc, etc……。一般的なフォトレタッチソフトと比べても本当にごくごく基本的な処理しかできず、かなり物足りなさを覚えます。むしろ「これで一体どうしろと?」という困惑が先立つ感じ。

UIとしては完全に初心者向けで、極端に多くの枚数を一括処理する必要がない限り、ステライメージの使用経験者があえて使う必然性はほとんどないように思います。


動作速度について

これについては、残念ながらほとんど改善がないようです。

UIにおいて、ファイルの読み込みに異様に時間がかかるのはSI7までと全く同様。非常にストレスを感じます。ソフト自体の動作や処理速度についても、体感できるほどの違いはなさそうです。


コンポジット時の位置合わせ精度

個人的には、これに期待していたのですが……残念ながらこちらも大きな改善は見られませんでした。

f:id:hp2:20170215020013j:image

f:id:hp2:20170215020014j:image

SI7の自動位置合わせにおいて、ズレが誤検出された一連の画像をSI8で処理してみると……やはり突拍子もない結果に。併進ズレや回転ズレの数値が違うので、アルゴリズムに何らかの改良は入っているのでしょうけど、根本的なところは変わっていないようです。

f:id:hp2:20170215224039j:image

ちなみに位置合わせにかけたのはこんな画像(各画像サイズ:5196×3458ピクセル)。1月2日に撮影したM76の写真です。EdgeHD800においてオフアキシスガイドを行ったもので、一連の画像は全体を通して2ピクセル以下のズレしかありません。実際、どこをどう見ても、1000ピクセル以上ズレたり何十度も回転しているわけがないんですが、なぜこんな結果になるのか、まったくもって理解不能です。


RAW読み込み時の問題について

これも旧UIにおいては改善なし。キヤノンRAWファイルを開くと、相変わらず「Canon CR2ファイルを読み込み中…」のダイアログがいちいち最前面にポップアップします。

一方、新UIの方ではそうした挙動はなく、これならバックグラウンドで走らせても邪魔になりません。なんでこんな簡単なことが旧UIの方でできないのか、理解に苦しみます。


そのほか気づいた点

マニュアル*1はモノクロ中綴じの非常に簡素なもので、内容としては新UIの簡単な説明と、作例を使ったチュートリアルです。旧UIおよび機能についての説明はSI7のマニュアル*2に丸投げするという割り切りよう。多少はコストダウンに効くのかもしれませんが、逆に言えば機能面はSI7から進歩がないということの裏返しでもあり、メジャーバージョンアップとしてどうかという感じはします。


で、肝心のマニュアルの中身ですが……これが大変よろしくない。チュートリアルが載っていると書きましたが、正確に言えば「製品DVDに同梱されているサンプル画像の処理方法」が書いてあるだけです。

例えば、ホットピクセル除去やガイド不良のフレームを選別するためのパラメータについては「0.9と入れてください」とか「1.7と入れてください」といった具合に具体的な数字が直接指定されているだけで、なぜその数値を入れるのか、数値を変えたらどうなるのか、そしてそもそもこれらのパラメータがどういった意味を持つのか、といった部分の説明がまったくありません。

ダーク引きの処理にしても「(ファイルリストから)ダーク画像を指定してください」とあるだけで、ダークフレームの作り方はおろか、そもそもダークフレームというものの意味すら説明されてないのです。


UIは、作りとしては明らかに初心者向けなのですが、そのマニュアルがこれでは初心者は困ってしまうでしょう。また、どうにか一通りの処理ができるようになったとしても、パラメータや操作の意味が分からないのでは上達するはずもありません。


さらに、上で例に挙げた「ホット/クールピクセル除去」のパラメータでは、旧UIパラメータと数字の表し方が異なる(新UIでは0〜1、旧UIでは0〜100%)というひどい状況で、わざとユーザーを混乱させてるんじゃないかと疑いたくもなります。


現時点での結論

まだごく一部の機能を軽く触っただけなので、後々印象が変わる可能性はありますが、メジャーバージョンアップとはいっても、大きな変化は「初心者モード」とでも言うべき新UIが追加されたという点だけと言って過言ではありません。ソフト自体としてはパフォーマンスの上積みも機能面での追加・進歩もほとんどなく、バージョン番号にして小数点以下の変化しかない感じです。率直に言ってSI7ユーザーは無理にアップデートする必要はないと思います。

ただ、最近広がり始めてきた天体撮影用CMOSカメラなどを使っていて、数十〜数百枚といった大量の画像を機械的に処理していかなければならない場合には、新UIが役に立つ場面もあるかもしれません*3体験版で使用感を確認してみることをお勧めします。


それにしても、国産でほぼ唯一の市販天体写真処理ソフトがこの体たらくでは本当に困ってしまいます。開発リソースにも限りがあるのは分かりますが、自動処理と称した子供だましの初心者モードを付けるより前に、やるべきことが多々あると思うのですが……。

*1:製品のサポートサイトからDLできます。

*2:こちらも製品のサポートサイトからDLできます。

*3:ただし、上で書いたように自動位置合わせが信用しきれないのは相変わらずなので、過度の期待は禁物です

オヤジオヤジ 2017/02/15 23:30
HPへのコメントありがとうございます。
基準点を打ってのコンポジットは、何も変わって(枚数が多くなるとずれまくり)いなくてちょっとがっかりです。
ステライメージ7を使い尽くしたかと言われたら5%位しか使ってないので判らないのですが、変わってないことが多いですかね。(汗)

HIROPONHIROPON 2017/02/16 00:44 SI7から、あまりにも変わらなさすぎですね。

今後のバージョンアップに期待……と言いたいところですが、なまじ新UIを導入してしまったがために、
次バージョンからは開発の手間が余計に必要になるのが予想されるところ。

アストロアーツに、果たしてそれを乗り越えて機能改善していくだけの力があるかどうか
実は結構心配しています。

けむけむけむけむ 2017/02/16 04:26 オヤジさん経由できました (^o^;
まったく同感です。
いくらなんでも、これで終わりぢゃないよね?と思いたかったのですが... うううむ... です。
ホントにこれだけでSI7->SI8だって話だと、諸々考えないといけないと思いました。

xchihiro7xchihiro7 2017/02/16 13:29 ステライメージは6?の試用版を一度入れたのですが、ファイルダイアログが遅すぎて使う気になれませんでした。レイヤー満載の巨大なTIFFが同一ディレクトリにあるとほんと悲惨で。8でそこは改善されたのですね。スターシャープとかソフトウェアビニングとか試したいことはあるのですが、未だに手出しできていません--; 8の試用版入れて見るかなあ・・

HIROPONHIROPON 2017/02/16 21:47 けむけむさん>
ようこそいらっしゃいました(^^)
やっぱりみなさん、抱く感想はだいたい同じようで。

このバージョンアップ……なんか既視感があると思ったら、タブレットPCが
流行り出したころに出たソフトにしばしばあった「タブレットモード」。
できることが少ない、旧UIと統一性がない等々、そっくりです。

「操作を簡単に」というつもりで作ると、多かれ少なかれこうなってしまうのですかね?

とりあえず製品アンケートには思いのたけを叩き付けてきました(^^;

HIROPONHIROPON 2017/02/16 21:53 kojiroさん>
ファイルダイアログが遅いのは、残念ながら基本そのままです。

新UIの方では、ファイルを開くのにWindows標準のパネルを使うようになったので
ここだけは速いですが、エクスプローラからファイルをドラッグ&ドロップするのと
同じともいえるわけで……果たしてこれを改善と言っていいのかどうか(^^;

とりあえず、体験版を試してみるのがおすすめ。後ろ向きな意見ですが、SI7から
悪くなっているわけでもないので、新規導入ならアリかとは思います。

ちゃんちきちゃんちき 2017/02/18 19:54 「Canon CR2ファイルを読み込み中…」これが出なくなっているだけで
バージョンアップの価値ありと思っていただけに残念です

HIROPONHIROPON 2017/02/18 23:24 いや、ほんとに。全く同感です。
メッセージ自体にほとんど意味がないくせに、無駄に邪魔ですからねぇ。

作業の進行状況を伝えたいのかもしれませんが、だったら新UIのようにプログレスバーに
なっていればよかっただけの話で、わざわざユーザーの操作を妨害する仕様にしなくても……。

とりあえず、アンケートで不満点をぶちまけてきたので、せめて次バージョンでは
改善されていることを願いたいところですが……さて。

2017-02-12

[][]SG-1000バッテリー交換 20:59 SG-1000のバッテリー交換を含むブックマーク

現在、SXP赤道儀駆動用のバッテリーとして大自工業のSG-3500LED(DC12V, 20Ah)を使っていますが、以前SXD赤道儀を使っていた際には、消費電力が比較的少ないこともあって同じく大自工業のSG-1000(DC12V, 7Ah)を使っていました。

で、せっかく手元にこのSG-1000がそのまま残っているので、これを有効利用しようと考えました。とはいえ、内部バッテリーは寿命でダメになってるので、まずはこれを交換しなくてはなりません。

SG-1000バッテリー交換については報告例が多数ありますが、実際、作業は本当に簡単です。

f:id:hp2:20170212203936j:image

まずはバッテリー本体をショルダーケースから取り出し、側面のコの字形の金属板を抜き取ります。この金属板は本当にただ刺さってるだけで、留め具など一切ないので、まっすぐ引き抜けば簡単に取り外せます。

f:id:hp2:20170212203937j:image

あとは中央にある2か所のタッピングビスを抜くだけ。両面から1か所ずつ留められているのでこれを外します。

f:id:hp2:20170212203938j:image

するとケースが外れ、中身が現れます。内部は非常に単純な構造で、パーツの固定はケース内側の溝に頼っている状態です。ケースを外すと支えがなくなり、各パーツがほぼ、はんだ付けされた配線で繋ぎ止められているだけの状態になるので、作業中、無理な力をかけないよう注意が必要です。

f:id:hp2:20170212203940j:image

なお、入っていたバッテリーはHUANYUのHYS1270というDC12V, 7Ahのものでした。


バッテリーは、いわゆるファストン端子で留まっていますが、この端子には抜け防止用の爪がついているため大変外しにくいです。力任せに引き抜くのではなく、端子の裏側から先の尖ったもので爪を押し上げるようにしながら引き抜くと比較的楽に抜くことができます。

f:id:hp2:20170212203939j:image

バッテリーを取り外したら、代わりのバッテリーを装着します。モノはKung LongのWP1236W(DC12V, 9Ah)で、SG-1000の交換用バッテリーとして使用報告の多いものです。秋葉原秋月電子で2200円でした。容量は7Ah→9Ahへと増える一方、大きさや端子の形状は全く同じなので、特に苦も無く取り付けられます。あとは元通り組み立て直すだけ。

f:id:hp2:20170212203941j:image

ACアダプターを挿すと、ちゃんと充電中のランプが灯ります。特に問題はなさそうです。


2017年2月13日追記】

コンセントに繋ぎっぱなしにしておいたところ、無事満充電になりました。バッテリー容量が大きい分、やや充電に時間がかかるような気はしますが。

[][]EOS Kiss X5外部電源化 20:59 EOS Kiss X5外部電源化を含むブックマーク

前段で、使わなくなっていたSG-1000をわざわざ復活させたのは、実はカメラの外部電源として使いたかったからです。

このところ長時間露出が増えてきたこともあり、カメラのバッテリーだけでは容量が心もとなくなっていました。この冬は、2時間ほども撮影を続けるとバッテリーの大半がなくなる感じで、安心して撮るためにはバッテリーグリップの使用が不可欠でした。バッテリー自体の経年劣化もあるのだろうとは思いますが、いつ電気が切れるかと気をもみながらの撮影は精神衛生上よくありません。


計画

そこで外部電源化です。ネット上を探してみると、シールドバッテリーのDC12Vを降圧してカメラに供給する事例が多数出てきます。電気工作はまったくと言っていいほど経験がない*1のですが、作業自体はそれほど難しくなさそうです。


ここで悩みどころは大きく2点。DCの降圧をどうするか」バッテリーボックスに入れるカプラーをどうするか」です。


前者については、秋月電子の降圧可変型DC-DCコンバータのキットを使う人が多いようです。が、なにしろこちらは自他ともに認める不器用者の上、はんだづけ自体、ほとんど初めてといってもいいくらい。キットの組み立てには少なからず不安が残ります。

が、探せばあるもので、同じ秋葉原aitendoで降圧可変型DC-DCコンバータの完成品を売っているのを発見。価格も秋月のキットと大差ないので、これでいいでしょう。こちらは降圧コンバータが使いたいのであって、キットの組み立てを楽しみたいわけではないのです。


後者については、いくつか手があるようです。多かったのは「互換バッテリーを殻割りしてガワのみを使用。電線はガワの内部を通して電極に直付け」という方法です。ただ、わざわざ壊すために互換バッテリーを買うのもシャクですし、仕様として純正のカプラーとは違うであろうことは容易に想像ができます。

考えられるもう1つの手は「純正カプラーを使用し、ケーブルは自分でなんとかする」という方法です。純正の「DCカプラー DR-E8」には、ACアダプターである「コンパクトパワーアダプター CA-PS700」と接続するためのジャックがありますので、ここにケーブルをつなげられれば大丈夫なはず。問題はジャックの仕様ですが、色々と調べてみた結果、外径3.0mm、内径1.1mmのものであることが分かりました。これに適合するプラグを探してみると、マル信無線電機のMP-121PSMP-121PNがそれに該当するらしく、秋葉原千石電商で取り扱いがありました。

最低限、このプラグの接続だけは自分でやらざるを得ませんが、このくらいは仕方がないでしょう。


このプラグの作製すら回避するのであれば、純正品のACアダプターの線を途中でカットして使う、安価な互換品のカプラー&ACアダプターを購入し、同様に線をカットして使うといった手が考えられます。しかし純正のACアダプターはあまりに高いですし、互換品は品質に不安が残ります。純正品のカプラーは、ノイズ対策かなにかのために中にコンデンサなどが入っているそうなのですが、安い互換品の場合はここがどうなっているか全くわかりません。機器の破損に直結しかねませんし、ここは慎重に行きたいところです。

なお、実はLanparteからケーブル付のDCカプラー販売されています。国内での取り扱いはこちら。筐体のプリントなどを見るに、おそらく互換バッテリーのガワを利用したタイプのようです。中がどうなっているのかまったく不明なあたりがアレですが、どうしても工作がイヤならこうした手段もあるということで。


買い物&工作

というわけで大筋の方針は決まりましたので、土曜に秋葉原でお買い物。

買ったのは純正カプラーの他、片側にDCプラグの付いたケーブル、同じくDCジャックの付いたケーブル、シガーライターケーブル、DCカプラー接続用のL字プラグ「MP-121PN」といったあたりです。

f:id:hp2:20170212203942j:image

降圧可変型DC-DCコンバータは、aitendoでLED表示器付DC-DCモジュール[M2596-SDC]を購入。表示器のないものとどちらにしようか少し迷ったのですが、出力電圧を直接確認できた方が安心だろうと考えて。また、入出力ケーブルの接続がネジで行えるのも助かるところで「はんだづけ不慣れ族」にはありがたい仕様です(^^;


コンバータ周りは、単に線をつないでいくだけなので問題なく進みます。

f:id:hp2:20170212203943j:image

途中で一度電圧をチェック。ボリュームを回して出力を8.1Vに設定してみます。出力側にテスターを当てると確かに8.1V程度となっており、この表示機能はそれなりにアテにして良さそうです。

なお、表示部の右横に小さなボタンがありますが、これを押すごとに表示が「入力側電圧」と「出力側電圧」に切り替わります。最初これに気付かず、いくらボリュームを回しても電圧が変わらない……と首をひねっていたのは内緒です(^^;

f:id:hp2:20170212203944j:image

コンバータはちょうどよく家に転がっていた透明のカードケースに入れてみました。軟質素材でケーブルを蓋の隙間から出すことができるため、ケースを加工する手間が省けました。サイズ感もちょうどいい感じです。

f:id:hp2:20170212203945j:image

一方、カプラーの方ですが……プラグとジャックの対応はあっていたものの、外形が干渉してそのままでは挿すことができません。そこで、プラグのガワを取り払い、さらに余分な部分をカットすることでなんとか収まるようにしました。

f:id:hp2:20170212203946j:image

あとははんだづけして……*2

f:id:hp2:20170212203947j:image

ホットボンドで固めて絶縁すればOK。

f:id:hp2:20170212203948j:image

全てを接続してカメラの電源を入れてみると、無事起動しました。バッテリーを入れ替えたSG-1000は、カメラのバッテリー(公称値7.2V, 1120mAh)の10倍以上の容量。降圧の際のロスを考慮に入れたとしても、これで電源の心配はしなくて済みそうです。

もっとも、自分の工作技術を全く信用していないので、別の意味で心配だったりするのですが……( ̄w ̄;ゞ

*1:一般的には、中学・高校の「技術」ではんだごてを使ったりもするようですが、ウチは進学校だったせいかその手の実技は全くなく、その後も工作の機会がありませんでした。

*2:ちなみに極性はセンタープラスでした。

M&MM&M 2017/02/14 08:12 こんにちは

工作派?自作派?の私も理学系ではあるのですが、
電気オタク、パソコンオタクの聖地と秋葉原が呼ばれていた時代に
秋葉原から徒歩10分という学生時代を過ごしました。

おかげで本業以外の知識の方が身につきました、、

さて

知らぬ間になのか、私が情報を取れてなかったのか
良い完全基板キットがたくさん出てるんですね。

電圧計やら機能も勝ってて、コストも手間もとなると
こりゃ使わなくては損ですね。私も内蔵バッテリーで長らくやってたんですが外付け大容量は安心感大です。

HIROPONHIROPON 2017/02/14 23:46 > 電気オタク、パソコンオタクの聖地と秋葉原が呼ばれていた時代に
> 秋葉原から徒歩10分という学生時代を過ごしました。

なんとうらやましい!
反面、色々と「ダメ」になりそうな環境でもありますね……(^^;;;


> 良い完全基板キットがたくさん出てるんですね。

今回キットを買ったaitendoは、ちょうどシュミットの真向いのビルに最近移転してきたようです。
シュミットに寄った時に気がついたのがきっかけでした。

工作自体が目的でないのなら、値段も秋月のキットと大差ないですし、使わなきゃ損だと思います。

さて、今回の工作物が実地でちゃんと働いてくれるかどうか……実戦投入が楽しみです。

忍者忍者 2017/02/15 23:42 またまたタイムリーな情報で本当に助かります。SG-1000は、私も始めた4年前に購入して、今はSG3500と自動車バッテリー使用のため使っていません。廃棄かなと思っていましたが、この方法で復活可能です。できれば、夜露対策のバッテリーとして追加使用したいと思います。さっそくやってみます。ありがとうございます。ところでノートPC用に使うには電気加工がだいぶ必要でしょうかね?電池が持たず苦労しています。

HIROPONHIROPON 2017/02/16 00:55 SG-1000って、趣味のステップアップとともに打ち捨てられがちな気がするので、
少しでもこうやって再生の役に立てば……。シガーソケットが最初から2つ付いてるし、
サイズもほどほどで結構便利なバッテリーだと思います。

PC電源に使うには、PCがたまたま12Vで動くとかでない限り、電圧変換用のDC-DCコンバータが
必要です。上で書いたように自分でキットを買ってきてケーブルを接続していくのも手ですが、
シガーソケット→PCなら市販品のコンバータが売っているんじゃないと思います。

まぁ、工作するにしても、せいぜいプラグ部分をはんだづけするくらいで大した手間ではないです。
なにしろ私ができたくらいなので(^^;;;

ただし、流れる電流量は比較的多いと思うので、自分で工作する場合にはコンバータや
電線の選定には気を付けた方がいいと思います。