ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

虚虚実実――ウルトラバイバル このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-12-08 東京湾アクアラインの深奥:内需とアメリカの影

東京湾アクアラインの深奥:内需アメリカの影 00:08 東京湾アクアラインの深奥:内需とアメリカの影を含むブックマーク 東京湾アクアラインの深奥:内需とアメリカの影のブックマークコメント



私は現在東京湾をつないだ男たち」(日経BP社:1997年初版)を手にとっています。この本は、この巨大道路が完成するまでの技術者たちの悪戦苦闘を描いていて、以前NHKの「プロジェクトX」で放送されていた色々な事業彷彿させますが(実際に放映されたかも知れませんが)、私は、やれ湧水工事邪魔をしたとか、シールド工法採用した際の苦労とか、いろいろな技術上の問題はいひとつ興味が持てないのですね。まあ、そんな話は土木工学者・技術者土木オタクが読めばいいのだと思います。


ただ、私が唯一この本の記述で注目したのは、建設の着想から計画の発表、迷走、建設の決定、などなど、とくにどんな経緯で決定されたかに興味があるので、22P「調査開始から完成までの主な動き」という年表にもっとも注目しました。


じつはこの際、私の過去ログである「3つのルート」(本四架橋本州四国連絡橋)に関するデータと、今回のこの年表からのデータを重ね合わせて見たいのです。ここに、本四架橋事実は@、東京湾アクアライン事実は@@で表示します。


http://d.hatena.ne.jp/iirei/20070530#1319948325 (3つのルート


@1889年 提起

@1959年−1961年 5ルート候補に上がる

@@1966年 調査

@1970年 田中角栄 3ルート作ることを確約

@1974年 オイルショックで延期

@1985年 3ルート建設で決定

@@1985年 事業化が認められる

@1988年 児島・坂出ルート完成

@@1997年 アクアライン完成

@1998年 神戸鳴門ルート完成

@1999年 尾道今治ルート完成

神戸鳴門ルート尾道今治ルートの開通はwikipedia記述に従いました。)


ほぼ、両巨大工事は、同じくして認可、工事、完成が「同時期」にあたります。ここで注意して頂きたいのは、@と@@が同じ年に当たる1985年です。この年は日本アメリカ間で重要約束がもたれた年なのですね。日本の自動車などの貿易黒字アメリカから見れば貿易赤字を解消するため、アメリカ通商代表部から日本政府は「内需を拡大せよ」との「命令を受け」、いくつもの大土木工事・・・本四架橋の3ルート建設を始めます。本当は、児島・坂出ルートしか必要なかったのに、です。これはアメリカの言いなりになって卑屈に工事を行う愚行なのでした。そのつけは、現在国家財政の逼迫に現れていると思われます。


そして、もしかしたら・・・と本四架橋アクアライン共通点があるかと見たところ、やはり、アメリカ外圧で3ルートが認可されたのと、そのおなじ年・・・1985年にアクアラインも認可されていたというわけです。


また、この内需拡大圧力は、同じ1985年の中曽根政権下で先進国間で取り決められた「プラザ合意」にも見られます。強すぎる円を大幅に切り上げ、円高ドル安に誘導したわけで、日本の輸出が滞り、嫌でも内需に目を向けなければならなくなったわけです。あっさりこの合意を認めてしまう当時の政権は、この約束の毒性にまったく気づかず、日本の将来に様々な禍根を残すことになったわけです。バカ政権・・・この禍根のひとつバブル経済とその崩壊、およびその後の「失われた20年」などが良い例です。



今日のひと言:日本政府は、吉田茂以降、アメリカにはずっと弱腰で、よく私のブログ友・id:SPYBOYさんがいわれるように、日本アメリカの51番目の州になれば良いと思います。


東京湾をつないだ男たち

東京湾をつないだ男たち

東京湾アクアラインの検証

東京湾アクアラインの検証



今日一品


ハンペンピーマンブナシメジの炒め煮


f:id:iirei:20161208000912j:image


ピーマンブナシメジゴマ油で炒めて、水+ヤマサ昆布だし+オイスターソースを加え、ちぎったハンペンを投入、味が浸みたところでネギ七味唐辛子を足しました。

 (2016.12.02)



@豚ソースソテーナツメグワサビ


f:id:iirei:20161208000913j:image


弟作。ソテーした豚肉ナツメグを振り、中濃ソースとワサビを混ぜて掛けます。やはりソースの風味が強いですね。

 (2016.12.03)



ペペロンチーノ


f:id:iirei:20161208000914j:image


前日の晩、豚ソテーを作った油(オリーブオイル豚脂)を有効利用するために、茹でたスパゲティ唐辛子(羅帝)とニンニクを炒めたフライパンに入れて塩を振りました。たしかにペペロンチーノだ。

 (2016.12.04)



ラム肉コチュジャンコンソメ


f:id:iirei:20161208000915j:image


弟作。単純にラム肉ピーマンキャベツと一緒に、コチュジャンコンソメの汁で煮ました。砂糖は加えなかったにも関わらず、肉が甘かったです。これは驚き。

 (2016.12.05)





今日の詩


稲わらを

ロールベイラー

丸め

円筒形(牧草ロール


これが

家畜のエサになる。


大きいロールで

600kg、

畜産業はなるほど

スケールが大きい。

 

f:id:iirei:20161208000916j:image

f:id:iirei:20161208000917j:image


後日、この田に入れると思われる「団粒鶏糞」の袋を発見。なにかを田から持ち出せば、必ず補うものが必要になるのでしょう。

 (2016.12.04)

レモンバームレモンバーム 2016/12/08 11:27 田中角栄さんの時代ってほんとにばんばんいろんなもの立てたり作ったりしたんですね。工事したものもでかいです。私は九州ですが、関門橋もその時代でしょう。ばんばん計画したものを実行したんでしょうね。
あの刈り取ったあとの円筒形のロールは家畜のえさになるのですか、ピタッと美しく巻けていますよね。

ceneciocenecio 2016/12/08 11:53 こんにちは。
あの牧草ロール、麦稈ロールはよく北海道の風景の中で見られ、シンボル的存在と捉えておりました。あれがみな牛の餌やベッドになるのだと聞かされ、驚きました。美しい円筒もさることながら、栄養がいっぱいなんですってね。
さらに白や黒のラップで包まれたロールもあり、それが広大な風景に散らばっていて、オセロみたいに見えたものです。
転がして競争するイベントもあるようで、酪農地では刈り取りのあとも目いっぱい楽しむのだと教わりました。
600?とはかなりの重さですね。地方の写真を見るのはいつも興味深いです。

cranberrycacranberryca 2016/12/08 13:55 こんばんは&はじめまして ♪ ご訪問どうもありがとうございました☆彡 ダウンタウンから車で高速1時間も走らない場所にファームがあるので、牧草ロールはこちらでも見たことがあります。昔、藁がしいてあったワゴンに長男と乗ったら、藁の感触に慣れなくて、ちょっと痒いかも・・・と思った、都会生まれで都会育ちな親子でした(汗)

iireiiirei 2016/12/08 16:42 >レモンバームさん
 田中角栄は3ルート建設すると確約しましたが、それ以前には5ルート案もありました。それは瀬戸内海の海難事故で客船が遭難したので、各地の自治体がわれもわれもと立候補したのです。地域エゴです。それにしても、現在の3ルートでも維持に適切な需要は期待できず、あっぷあっぷ状態です。

ロールは畜産農家に買い上げられ、ウシの飼育に使われます。

iireiiirei 2016/12/08 16:51 >cenecioさん
 なるほど、牧草ロールも大産地にいくと遊びの対象になるほど親しまれているのですね。ロールの中身は発酵し、牛たちの食欲を満たすに十分だと思われます。

それにしても、私は東京ではなく地方に住んでいますが、田舎暮らしをしていると、詩、とくに俳句の発想が、いかにも頻繁に浮かびます。これは田舎暮らしの役得です。

iireiiirei 2016/12/08 17:00 >cranberrycaさん
 こちらでははじめまして。北米は言わずと知れた牛の一大産地、牧草ロールもたくさん作られるのでしょうね。わらは切り口が痛そうですね。ベッドにはしにくいですか?そういえばアルプスの少女ハイジはどんな草をベッドにしていたか、興味があります。わらの類ではなく、薬草を含む野草かと思っていますが。

SPYBOYSPYBOY 2016/12/08 21:49 トラックバックありがとうございます。
吉田茂はアメリカを『番犬様』と呼んでましたし、岸信介はCIAのエージェントをやりながら、自主憲法制定を狙っていました(良いか悪いかは別)。彼らはアメリカを利用しようという意志があったのでしょう。田中角栄が『刺されて』以降、自国よりアメリカの意志を優先する政治家が増えたと言われていますね。
iireiさんが書いておられる公共工事にしても、日本のバブルにしてもアメリカの利益のためだったと思います。しかし、日本政府は日本人の味方では必ずしもないので、アメリカ政府が言ってることが日本人の利益になることも多々ある。パブリックコメントや不充分とは言え取り調べの可視化もそうだし、賛否あるかもしれませんが大店法や通信の規制緩和もそうだと思います。談合禁止など商取引の透明化や医師への接待禁止などもそうです。日本人にとって日本政府は敵と言う時もありますので(笑)、敵の敵であるアメリカ政府が結果として味方になることもあるわけです(笑)。
望ましい姿はアメリカの言うことを是々非々で受け入れていくか、51番目の州になってスッキリするか、どちらかでしょうね。人口や経済規模から考えて、日本がアメリカの州に入ったほうが絶対得だとボクは思います。無能な政治家も厄介ばらい出来るし(笑)。

matsukentomatsukento 2016/12/08 23:23 iirei様、こんばんは。
日本は良し悪しは別にして、「土建国家」です(笑)。
そのため土木技術(特にトンネル)は発達してますし、東京アクアラインのおかげで、千葉県の木更津から神奈川県の横浜まで速攻で行けるようになりましたが、当初は金がかかり過ぎて「アクマ(悪魔)ライン」と言われていました(汗)。
アメリカとの関係+プラザ合意ですが、日本と違って当時の西ドイツは、ホイホイと乗らず、逆に日本は貧乏くじを引いたようです(*^^;)。
日本がアメリカの51番目の州になれば、英語を再復習しないとイケマセンと思いますが、特例として「アメリカ合衆国日本州は、公用語を『日本語』にしてもいい」と、言うかも知れませんが、そもそもアメリカ憲法には公用語を「英語」にするとは書いておらず、裏を返せばヒスパニックが増えている今では、スペイン語を話すことができなければ、アメリカではエリートにはなれないのです(>_<)。
豚ポークソテー・ナツメグ・ワサビ味、美味げです(o^_^o)v!!!
豚肉は安いし、栄養もあるので、食材としてはぴったりですよ〜。
ペペロンチーノ、私はパスタについては疎いのですが、日本独自のナポリタンが好きでちゅ。
ラム肉のコチュジャン・コンソメ煮、これは掛け値なしに美味そうです♪
私はコンソメも好きだし、本場韓国のコチュジャン(日本製は×)も大好きで、韓国の辛ラーメンに、コチュジャンをたくさん入れて食べたら、ホント最高だっちゃぁ〜(^o^)ノ!!!

iireiiirei 2016/12/08 23:46 >SPYBOYさん
 日本政府が必ずしも日本人の味方であることはない、という見解は的を射ていると思います。F1事故の際、アメリカの空母ロナルド・レーガンが「ともだち作戦」と称して被災地の援助に行ったところ、人員も空母も核汚染を受けてしまい、あとで日本政府にそれに見合った金銭を要求しましたが、日本人が相手ならまだしも、怖いアメリカ様には、慫慂と要求に応じるダブル・スタンダード、この一事をとっても日本政府は国民の味方ではありませんね。

また、日本政府は高度経済成長の頃、全国で起きた公害病について、問題企業とともに、被害を受けた住民たちを迫害して、あとになって「日本の対公害技術は世界一」なんて言っているのですから、なにをかいわんや、です。これらの技術は、公害病の被害者の生血をすすって成り立ったというのを忘れてはならないでしょうね。

以上、ちょっと論点がずれた感もありますが、アメリカの考え方には、日本の政治家の思いもよらないものがあると、押さえておきますね。

iireiiirei 2016/12/09 00:01 >matsukentoさん
 仰る通り、シールド工法を主眼とするトンネル工事のレベルの高さは、世界に冠するものがあります。悪魔ラインですか、言い得て妙です。

プラザ合意、日本と違ってドイツは賢明でしたね。日本の政治家には定見と呼べるものがないのでしょう。

ヒスパニック系住民が、3億人のアメリカの中で、どの程度の比率を占めるか、私には現在資料がありませんが、無視できないのは事実みたいですね。

ペペロンチーノは、もっとも簡単な調味料の構成をとっているスパゲティですね。

aoikawanoaoikawano 2016/12/09 12:07 はじめてコメントします。
えーと、私がアメリカの真似をしていると感じたのは、もっと遅くて小泉、竹中の行った非正規雇用です。あれは何でもアメリカですでに失敗していたにもかかわらず、行ったと聞きました。
最近でこそ、保険や一部交通費が出ますが、とにかく最悪なシステムを導入したものだ。と呆れました。
しかし、中曽根氏の不思議は現役ですがすでに98歳。でも若々し過ぎる。
まあ、この辺は触れてはいけない部分なのかも(゜A゜;)?しれません。稚拙なコメントお許し下さい。

iireiiirei 2016/12/09 16:23 >aoikawanoさん
 こちらでははじめまして。よろしくおねがいします。
たしかに「派遣」は小泉=竹中が残した負の遺産ですね。こんな中間搾取業を容認するなどもっての他で、こんな制度があるから、若い人が将来を悲観し、結婚・子育てを躊躇するのですね。これらの政策がアメリカで失敗したのはいわゆる「新自由主義」の破綻と同調しているものだと思われますので、これから日本でもこの経済理論ともいえない経済理論が破綻するだろうな、と思っています。

大勲位・中曽根康弘は、昔の岸信介に似て、妖怪ですね。

whitewitchwhitewitch 2016/12/10 01:50 太平洋戦争を起こしたとは思えないほど、日本人はことを荒立てるのを嫌ってなのか、アメリカだけでなく、そのほかの諸外国にもちっとも言いたいことを言えないような気がします。挙句、さんざん謝ったり寄付や補償をしても、昔のことでいつまでもぐちぐちと文句を言われているような。アメリカの51番目の州になったら、そうしたお隣さんたちも文句を言わなくなるでしょうか?
 ロールの最初の写真、影とはいえ、久しぶりに拝見する森下さんのお姿、なんだか懐かしいです(^^)。

iireiiirei 2016/12/10 05:20 >whitewitchさん
 東アジアの国、とくに韓国がむかしのことをさんざん言い募り、日本をことあるごとに批判することが多いですね。かの国は「恨:はん」の文化が根っこにあり、それにしたがっているだけかも知れませんが。まあ、それをやって、日本からお金を引き出すつもりなのかもしれません。もし日本がアメリカ51番目の州になったら、この傾向は収まるかも知れないですね。

写真については、なるべく影は入らないようにしていますが、これしかない、というアングルだったこともあり、写ってしまいました。

sinsintuusinsinsintuusin 2016/12/10 06:33 無駄な公共工事は、選挙の票集めとも絡んでその後も続き、大きな財政赤字にも繋がっていると思います。目先だけでなく、百年の計に立って国を動かす政治家が待たれます。
牧草ロールの写真とてもいいですね、松山千春の歌を思い出します。

iireiiirei 2016/12/10 07:45 >sinsintuusinさん
 昨今の世間の話題、オリンピックの会場選定騒ぎ、またカジノ法・・・いずれもゼネコンのみが喜ぶ「箱もの」の例です。森喜朗とか安倍晋三とかにとっては美味しいお話なのでしょうね。この2人を代表格にして、現代の政治家は刹那的で、百年の計は望んでもないことなのだと思います。だいたい、鉄筋コンクリートで強固と思える建造物を建てたとして、「レジェンド」になる前に50年くらいで建て替えになるのは目に見えています。

牧草ロール、雄大で北海道にこそ似合うオブジェなのかも知れないですね。

miyotyamiyotya 2016/12/10 09:48 おはようございます。
「東京湾アクアライン工事」の事はよく覚えています。とてつもない大工事で中断したりして完成まで長い年月を要した事。
しかし、その真相は知りませんでした。

稲わらの巨大ロール・・・風情がありますね。

iireiiirei 2016/12/10 14:44 >miyotyaさん
 だれでもが自由に使える「夢の道路」という触れ込みだったように思います。でも通行料金がべらぼうに高かったですよね。今はどうなっているのか知らないですが。このように、国民には甘い夢を見させ、その実国家財政に支障を来す公共工事をするのが、日本政府のやりかただと思います。

牧草ロールは、珍しいものなのか、今回の拙ブログで言及する人が多くて、驚いています。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/iirei/20161208
  • 20161208000917
  • 20161208000916
  • 20161208000915
  • 20161208000914
  • 20161208000913