Soft, Smooth & Sensual

2016-08-21 狼中年

junpee2016-08-21

レコ Vol.356 Invitation/金井夕子('79)

「核先制不使用宣言」に反対の意向などしていない、とはっきり否定したアホ安倍、こやつの発言は最早オオカミ少年クラスとなり、全く信用されていないことを米報道に利用されている向きもあり、やはりアホ安倍にとって首相とは、決して任せてはならない重責なのである読売報道にある3期9年で改憲実現とは、全く以て悪夢の展開であり、この期に及んでもなおアホ安倍に期待する国民など「日本会議」連中と、お金チョーダイ金魚の糞を除いては誰も存在しないのである。アベヤメロ!

レコ356枚目は、スター誕生チャンピオンの経歴を持つ実力派女性シンガー金井夕子の79年作2ndを。錚々たる実力派ミュージシャンでバックを固めた充実サウンドが心地よい、夏定番の1枚。素朴なフルート音に導かれる爽やかな極メロウ歌謡ボサA2"Morning Air"、緩やかメローなエレピ音が心地よいナイスミディアムA5"Lovin' You"、刺激的ラテン展開が印象的な良質サンバ歌謡B1「サマー プレイス サマー ラブ」、歌唱力ポテンシャルが益々発揮されている哀愁歌謡ボサB2「八月のフィナーレ」、アップテンポグルーヴするサビ展開が聴き所の哀愁歌謡佳曲B4夏物語」等、懐かしの歌謡名盤

2016-08-20 しわ寄せ

junpee2016-08-20

レコ Vol.355 BLUESette/高橋真梨子('87)

オリンピックで大盛り上がりの最中台風3連発で史上最大に蒸し暑い8月。次回開催国メダル数で躍進することはなんとなく考えられるパワー・バランスでもあり、それだけ色々な意味で注力した結果でもある。まさか2020年東京五輪にて、資金援助目的宝くじPR中とのことで、「わたしたちも、ニッポンのお役に立ちたい」とは、実に気味の悪いクソコピーである本来既存設備有効利用して費用節約する五輪だったのでは?昨日文化放送で苦しい説明に終始したニセ元都知事猪瀬もそうだが、五輪目的既得権益の金もうけだと言ってしまえばその通りなのにね…そして築地市場移転もね。最后にツケを払うのは国民一人一人であることを忘れてはいけません。

レコ355枚目は、初登場高橋真梨子による87年作ごくばんを。国民名曲バラードあなたの空を翔びたい」で有名な、ペドロ&カプリシャス二代目ヴォーカル。濃いめの粘っこい歌唱80年代後期の極々洗練されたアーバン・サウンドにナイスブレンドされた激薦盤。いかにも高橋真梨子な、翳りある美メロ・傑作AORバラードA1"Dirty Moon"、80年代高揚系AORのお手本ミディアム作A2"Cosmos In The Rain"、B3「キャロル funny face」、シングルで発表もされた小粋なスムースジャズ極上作A4「愛し方を間違えて」、バリバリ打ち込みグルーヴに満ち満ちた爽快ダンサーB1"Midnight Chace"、緩やか16ビート打ちのメロウフローターAOR路線が心地よいA5「余韻」、B2旅情」、シンプルな音構成にしてもしっかり黄昏AORしている名曲スローB4「家」と、全編全く以て外れなしの極上AOR◎盤、改めて最高のヴォーカルですな。

2016-08-15 順調

junpee2016-08-15

レコ Vol.354 ジェラシー/井上陽水('81)

ほぼ1年ぶりにカレー自炊する中年。そろそろ肉中心ではなく、魚野菜中心でカレーを作ろうとする本能が芽生え始める47歳。そのおかげで、がっつりカレーを消費しても、そこそこ循環を滞りなく繰り返す順調な我が胃腸◎。ここへ来て体重なのは健康そのもの証拠直射日光直下で長時間滞在しても、なぜか熱中症になったことが一度もないのは、昼間に極力、エアコンで楽をしない心がけによるものである暑い時には熱いモノやで!

レコ354枚目は、大御所井上陽水による81年作傑作シングルを。星勝編曲による退廃的なメロウ・サウンドが印象的なフォークグルーヴジェラシー」は、極々単純なコード進行が寧ろ深みを増している、正に陽水節の◎名曲。一方B面「夏星屑」は、6度の安定した響きがじんわりと漂う、ビートルズ系展開も素敵な夢見心地ロックにて、見逃せない夏の風物詩的な名曲

2016-08-12 保守

junpee2016-08-12

レコ Vol.353 メリーゴーラウンド/堺正章('81)

天皇による生前退位メッセージは、嘘まみれアホ安倍政権への強い牽制である。最早、アホ安倍を支持する勢力は、汚いカネにまみれた守銭奴界隈なのであり、必死に死守したなけなしの金も、いずれはお国の為と強奪されるのだから、アホ安倍支持層は全くおめでたい限りなのである。アホ安倍を支持したから、その人達だけ守られるという考えは浅薄である創価王国につながっているから自分たち選民で守られているという考えも浅薄である。世の中は色んな人々で成り立っていることを忘れてはいけない。

レコ353枚目は、NTV系ドラマキッド主題歌でお馴染み、堺正章による81年作スマッシュ・ヒットを。寺尾聡作曲井上鑑編曲によるReflections系AORが懐かしい、アーバンミディアム作「メリーゴーラウンド」は、切ない哀愁メロディも心地よい爽やかバウンスポップスにて一聴の価値あり。一方B面「そんな気分」は、同じく寺尾聡井上鑑ラインアーバン・テイストが素敵なハチロクバラードにて、若干GS時代に逆行する永遠の1曲で◎。

2016-07-31 矛盾

junpee2016-07-31

レコ Vol.352 Super-Natural/金子マリ&バックス・バニー('79)

相模原複数犯による大量殺戮事件について、犯人の心情を理解するネット書き込みも数多く見られるようで驚きであるが、その書き込みの大半がJ-NSC自民党支持者によるものらしい。やはり、アホ安倍政権が『美しい国』とスローガンを掲げているのは、単なる排外主義社会の構築に他ならないのであり、そもそもJ-NSC指導者日本会議小池百合子氏なのであるから世論情勢どおりに小池氏が都知事で決定すれば、いよいよ閉塞極右の息苦しい世の中へ変貌していくことでありましょう。あの事件を心から許せないのであれば、自民支持は矛盾することが明らかで、国民の半数近くがその矛盾真っ只中であるということである嗚呼背筋が凍りつくねぇ...「にくいしくつう」。

レコ352枚目は、『下北ジャニス金子マリによるバックス・バニー付79年作ごくばんを。確かな演奏力に裏打ちされた、79年界隈ならではの退廃的なメロウ加減が素敵な1枚でございます吉田美奈子アーバンファンクグルーヴ極上作A1"Super-Natural Man"、B4人間爆弾」、ブラスメインのキレキレメロウミディアム◎A2「気まぐれ雨」、じんわりまろやかな美メロスローA3"Honey"、長尺展開が最高な本格的ジャズフュージョンA4"I Need A Man To Love"、桑名晴子系ハワイアングルーヴ彷彿とさせる熱帯夜グルーヴB1「熱帯夜」等、捨曲一切なしのS級ごくばん。懐かしい確かな音だ。