Soft, Smooth & Sensual

2016-07-23 民主主義

junpee2016-07-23

レコ Vol.349 Flapper/小泉今日子('85)

いよいよ梅雨明け直前にて、脳みそが蕩けそうな夏到来の2016年。謎の目まいは昨年来改善せず。夏だ、海だ、タツローだ、と浮かれていた若年時代を懐かしみつつ、近年の暑さは異常ですよね〜と病院先生井戸端会議する中年都知事選にてアホ安倍同様の極右小池を勝たせたい流れがあるが、仮に野党共闘側の鳥越氏が勝利したとしても、その後の産経空虚バッシング記事には要注意である。何度も述べるとおり、この国の将来を決めるのは政治家でもなく、高級官僚でもなく、権力に阿るマスコミでもなく、国民ひとりひとりなのである

レコ349枚目は、80年代頂点アイドル小泉今日子による85年作ごくばんを。既にkyon2世界を確立しつつある時期にて、音的にも幅広い良作が犇めき合う、一聴の価値ありの1枚でございますMayumi作曲鷺巣四郎編曲による、小洒落たジャジー・ポップス歌謡A1"Flapper"、The Squareによる同時期大ヒット爽快作"Omens Of Love"をカバーしたA2「ウィンク・キラー」、"Jump/Van Halen"ニュアンスも交えたテクノポップス好作A3"Telephone"、林哲司作曲によるお洒落ロウミディアム◎作A4「素直じゃなくて御免」、矢野顕子作曲による夏向き高揚ポップスB1「マッスル・ビーチ」、オリコン1位を獲得した明快キャッチーB2「常夏娘」、山川恵津子作編曲によるハチロク美メロバラードB3「片想い」、馬飼野康二作編曲によるファンクビートブリブリな極グルーヴダンサブル作、B4"Free"等、アーティスト転換期における無視できないアイドルごくばん。

2016-07-18 世論操作

junpee2016-07-18

レコ Vol.348 Back To Oakland/Tower Of Power('74)

今月初旬、参議院選挙を放ってでも、なぜか大手マスコミにて熱中して報道されていた都知事選であるが、元東電取締り役の地味な増田氏を勝たせることはほぼ不自然であり、結局は幸福の科学在特会、しきしま会等、超香ばしい極右団体懇ろ小池氏を勝たせようとする権力者の流れらしい。数的にはどのように考えても野党共闘で推薦の鳥越氏が優勢なはずなのに、参議院選挙報道における、改憲勢力3分の2超だ、と大手マスコミがこぞって早々に強調した流れにならないことが全てを物語っています。この国の未来を決めるのは国民なのであり、えらそーにふんぞり返っている既得権益側の奴らが決めることではないのである。アホ安倍統一教会懇ろだし…、アホ自民組織票を多数投じているのはカルト創価だし...いよいよカタストロフィー前夜の2016年7月

レコ348枚目は、西海岸Oaklandで結成された、日本においても人気の高いベイエリアファンクバンドによる、充実の74年超傑作を。分厚いブラス隊、安定のリズム隊に彩りを加えるオルガン等、タイトながらも爽快なベイエリアファンクを堪能できるごくばん。初期ヒット名曲"You're Still A Young Man"を彷彿とさせる、熱中ブラスが爽快なJazz Waltz系極甘バラードA3"Just When We Start Makin It"、B1"Time Will Tell"、沸々と緩やかな極グルーヴが心地よいA4"Can't You See(You Doin' Me Wrong)、レアグルーヴ系◎インスト作A5"Squib Cakes"、極ロマンティックなメロウ展開が素敵な◎ミディアム作B3"Love's Been Gone So Long"、キレ味鋭いファンク好作B4"I Got The Chop"、甘茶ソウル系極甘バラードB5"Below Us, All The City Lights"等、やはりアナログ原盤で再確認したい一生モノごくばん。

2016-07-17 君は99%

junpee2016-07-17

レコ Vol.347 エンジェルフィッシュ/高橋美枝('84)

心ある教師が生徒の為を思って、「君たちを戦争に行かせない」と発言したら、政治的中立性に反するから密告せよと宣い、さらに親族の内誰一人として、自民推薦以外の都知事選候補者を支持したら除名、とか、相変わらずメーターぶっちぎり暴走中のアホ安倍政権であるが、なるほどこの人たちはまともではありません。いや安倍政権こそがまともじゃないか、と思う人はおそらく、人として生きる本当の意味を忘れているのだろうと思います。カネよりも精神は優先しないが、命よりもカネを優先させるアホ安倍政権。いよいよ強烈に搾取され始めた君は99%。

レコ347枚目は、スタ誕出身アイドル歌手高橋美枝による84年作2ndシングルを。南佳孝作曲大村雅朗編曲による夏向け極上メロウフローター「エンジェルフィッシュ」は、松田聖子が歌っていても違和感のない、完成度高いオリコン1位クラスの極上作品にて、永遠名曲認定B面ダブルデート」は、若干林哲司アーバン系なアプローチがまずまずな、こちらも夏のドライブに相応しいキャッチーポップスにて◎。

2016-07-15 被曝

junpee2016-07-15

レコ Vol.346 サマーストリーム/仁藤優子('87)

10年に一度の豪雨の中、ホット・スポット柏市野外激務に励むクタビレオヤG。今日たっぷり被曝してきやした。嘘つきアホ安倍自民を勝たせるために、参院選報道を極力控え、都知事選挙報道を分厚くしてきたここ数週間であったが、自公推薦の増田氏はつい先日まで東電取締役であり、そのことを公式プロフィールから削除したり戻したり、と実に挙動が怪しい庶民の敵、さすが自公推薦候補ならではの姑息さ…3.11から5年経過して表向きには何ら変化のないように感じる世の中であるが、実は陰で消えゆく尊い命は多数存在していたはずであり、moneyだけに執着する人生はあまりにも空しい不幸な2016年政治ってナンダ?

レコ346枚目は夏到来前夜に相応しい、アイドル仁藤優子による87年作アーバン好盤を。中村哲編曲キレ味鋭いLate 80'sダンサー、A2「Questionは嫌い」、山川恵津子作曲鷺巣四郎編曲キャッチーアーバングルーブ歌謡A4"No No, No No, Yes"、同じく山川恵津子作曲極メロウ美メロミディアム・フロウA5「約束はいらない」、佐藤健作曲林哲司系夏向き爽快キャッチーポップスA1「風の下で眠るイブたち」、B1「おこりんぼの人魚」、杏里作曲入江編曲による実験的サウンドも中々なメロウポップスB2「星のフィナーレ」等、80年代終盤ならではの分厚いメロウアーバン・サウンドが好印象な1枚。

No No, No No, Yes

D

2016-07-10 不自由

junpee2016-07-10

レコ Vol.345 愛した女たちのために/布施明('85)

早朝より参議院選挙投票に赴く中年47号。本人確認もせず、なんとなくスルーにて自公以外の候補者を記入してきたが、この程度のセキュリティーならば、なりすましやり放題のアホ安倍お得意な、不正選挙アンフェア世界ではないか、と強く感じる鈍く輝くオッサン。普段さんざんクサレマスゴミ等から守られているからこそ、アホ安倍行政府の長で居られるのである。真面目に、今回選挙にて自公が大勝利すれば、直ちにこの国はしゅうりょー...です。アホ安倍のおかげで、言いたいことも言えなくなり、好きな音楽自由聴くこともできなくなるかもね。因みに、NHKによれば今日参議院選挙の日ではなく、納豆の日だそうです。

レコ345枚目は、本ブログ常連布施明による85年作LPを。なかにし礼監修による「愛した女たち」への真摯な男の純情が全編詰め込まれた、正に劇場メロドラマな1枚。本妻とのやむを得ない別れを軽快ジャジーに彩る、明快スウィング好曲A2「三年分の荷物」、過去彼女との死別ドラマティックに綴るA3「五月の花嫁」、A4「眠り姫」、穏当ミディアムAORサウンドが最高な◎メロウフローターA5「愛する人がいない時」、小粋なアーバン摩天楼スウィングを心行くまで堪能できる傑作スローB2こころ美人」等、mid80's系都会サウンドに男の哀愁と、女の真実を織り込んだ、実に重たい劇的ごくばん。