Soft, Smooth & Sensual

2016-05-22 国辱

junpee2016-05-22

レコ Vol.334 女であれ、男であれ/郷ひろみ('82)

アドヴァンテージ」を「ハンディキャップ」と言い換え、「行政府」を「立法府」と言い間違え、それでも全く気づかず鈍感なアホ安倍2007年に急にお腹が痛くなって政権を放り出した時のダメダメから一つも進歩していないのに、まだ捏造支持率年金資金で無理くり維持し続けている株価で表向き総理の座に居座り続けている2016年5月。唯一進歩したのが、マスコミ恫喝して真実国民に伝えない術。だから報道の自由度ランキングが61→72位にまで後退したのである。実に恥ずかしい国に成り下がったものだ…東京オリンピック不祥事もこれ以上嘘をつきとおすことは国辱モノだ。

レコ334枚目は、本ブログ常連郷ひろみの82年作シングルを。来生姉弟による清々しい極上美メロ歌謡を、さらに後藤次利がど派手に編曲したこの季節注目の1曲。高速シャッフルビートヴィヴィッドなシンセ女性コーラス&管弦アレンジと、この高揚感は中々味わうことのできない◎世界B面故郷は僕に微笑む」は、当時開通した東北新幹線イメージソングであるが、哀愁味ある軽いグルーヴ歌謡でまずまず。

女であれ、男であれ

オリコン最高19位。

D

2016-05-14 偽物

junpee2016-05-14

レコ Vol.333 やさしすぎる、寂しすぎる/杉浦幸('87)

さらながら、都知事東京オリンピックも偽物であったことが明らかとなった2016年5月であるが、それでもまだベッキーなどTV復帰させてガス抜きさせている元締電通マスコミは腐りきっている。本来ならば、舛添よりも先に自民党現職議員汚職から真実を明らかにしなくてはならないのに、なぜかスルーされてなかったかのように過ぎていくこの時間不思議である。何度も書くとおり、2009年政権交代後の民主党にあれだけ追及の手を強めたマスコミの動きが、なぜ安倍政権になった途端鈍くなるのか、そのおかしさは誰でもわかることなである大手新聞テレビは最早ごみ屑同然の存在

レコ333枚目は、80年代後期女優アイドル歌手杉浦幸による87年5thシングルを。B面収録「やさしすぎる、寂しすぎる」は、作曲:和泉常寛、編曲戸塚修による、この時代ならではの翳りあるアーバンテイスト歌謡で好事家には堪えられない味わいの逸品。一方A面"045"は佐藤健作曲の甘い美メロバラード作で、こちらもまずまずのMOR歌謡

2016-05-08 やってるフリ

junpee2016-05-08

レコ Vol.332 ふたり/つなき&みどり('73)

被災地を顧みず、外遊にいそしんだアホ安倍であるが、大した成果もなく一体何をしにいったのか国民の誰もわからないGW最終日。所々漏れ伝わってくる情報によると、相変わらず虚言だらけ、恥さらしの日々であったようだが、本当に自分のカネで行けよと強く憤怒する中年北朝鮮拉致被害者や、北方領土返還をもうすぐだ、と何もしないのに人参餌の如く国民へぶら下げ、いかにも仕事をしているフリには最早飽き飽きである。独にも露にも全く相手にされておらず、しかししっかりカネだけはばら撒いてくるアホボンを支持しようとする国民の神経が、やはり理解できない2016年5月

レコ332枚目は、前回に引き続き夫婦デュオつなき&みどりによる73年作7吋を。A面「ふたり」は、暑苦しいファンキー・サウンドに塗りつぶされたエネルギッシュな名曲。ほぼオーケストラ編成のバック演奏も充実しており、つなき&みどりによる若々しく荒々しい歌唱もなかなか迫力満点で◎。一方B面サマーホリデイ・イン・マイ・タイム」は、一変してアコギウクレレ)&エレピのみのシンプル編成が素敵な生録仕様爽やかジャジー・ブルースにてこちらも良作。

2016-05-07 紙牌

junpee2016-05-07

レコ Vol.331 いつか何処かで/つなき&みどり('72)

アメリカ共和党候補がトランプ氏に決定し、タックスヘイブンで税逃れをしていた邦人もある程度明るみとなる見込みにて、いよいよ過去の悪行が暴かれることになったクサレ自民党が慌てているが、これまで国民に向けてきた説明が嘘の固まりであったことが明るみに出てくるであろう、2016年5月。以前から判っているとおり、辺野古基地移転を薦めたのは他ならぬ、自民党政権。駐留米軍をどうか沖縄に留まってくだせえ、と自分たちの既得利権の為に土下座外交をしてきたツケが正に今ここにたまってきているのである。原発とか、ほかにも根の深いのはありますけどねぇ...。

レコ331枚目は、ブルー・コメッツでお馴染み三原綱木天才歌手田代みどりによる夫婦デュオ、つなき&みどりによる2ndシングルを。B面収録「いつか何処かで」は、同年平山三紀によるソフトロック名曲カヴァーにて、"Up Up And Away/The 5th Dimension"をなぞるようなサウンド展開が心地良い、極上作で要チェック◎。

いつか何処かで

D

2016-05-04 外遊中

junpee2016-05-04

レコ Vol.330 サヨナラ志願/ゆうゆ('88)

災害被害に喘ぐ熊本・大分市民を無視し、ぼくちゃんがどーしても行きたい外遊に明け暮れるアホ安倍、昨日は改憲派(=日本会議レイシスト)の集会に遠隔ビデオにて出演し、「護憲派思考停止」とのメッセージを寄せたそうであるが、立憲主義本質を正しく理解せず捻じ曲げる「お前が言うなである。いよいよアホ安倍の前のめりぶりが洒落にならない段階に入ってきており、アベノミクス全壊の最中寿司友仲間のマスコミ連中も庇いきれない状況に入りつつある、2016年5月。実に勿体ない過去3年余りの歳月である税金返せ、年金返せ!アベヤメロ!

レコ330枚目は、おニャン子アイドル岩井由紀子ゆうゆによる88年作名盤7吋を。開放的夏向けグルーヴ満載な好曲「サヨナラ志願」は、バブル期絶頂感を彷彿とさせる軽さ・爽やかさが懐かしいサウンドであるが、小森田実によるブラジル調メロディラインなどいい感じであります。一方B面「戸惑いリグレット」は、アニメ系サウンドな印象の、高揚感溢れるメロウグルーヴ作にて、両面楽しめる夏向き1枚。