スマートフォン用の表示で見る

はやぶさ2

サイエンス

はやぶさ2

はやぶさつー

はやぶさ2は、宇宙航空研究開発機構JAXA)が工学実証探査機「はやぶさ」(MUSES-C)の後継として開発された小惑星探査機。2014年12月3日、H-IIAロケット26号機により種子島宇宙センターから打ち上げられた。目標天体はC型小惑星リュウグウ1999 JU3)」。

有機物を含むC型小惑星のサンプル採取を目的とし、「はやぶさ」で実証された技術を基に更に信頼性を高めるとともに、衝突体による人工クレーター生成など工学的に挑戦的なミッションも予定している。

2015年5月・12月にもバックアップ期間として打ち上げが可能だが、仮に2015年12月の場合だとイオンエンジンの運転率が96%になるなど非常にシビアな運用が求められるため、2014年内の打ち上げが望まれていた。

2011年度予算にて30億円が盛り込まれたものの2012年度予算では73億円の要求に対し30億円の配分にとどまったため、計画遂行への支障が危ぶまれた。2013年度予算では114億円の要求に対し103億円が計上。2014年度予算においても満額の126億円が盛り込まれ、必要な予算措置を達成した。

当初は2014年11月30日の打ち上げを予定していたが、天候不順により2014年12月3日に打ち上げられた。12月5日クリティカルフェーズを正常に終了したと発表。今後は約3ヶ月をかけて初期機能確認を行い、2015年12月の地球スイングバイに備える。

はやぶさ