スマートフォン用の表示で見る

オーラ

キーワードの候補

2件

一般

オーラ

おーら

定義

【aura】「アウラ」とも云う。

「息」を語源とする生体エネルギー?の放出現象。

超常現象、芸術表現、コミュニケーションなどの用語。

超常現象における「オーラ」

生命体や物体が纏っている光。東洋で言う「気」?と同じとされる場合もある。肉眼では特殊な能力を持った人しか目にすることができないが、オーラ写真?キルリアン写真によって撮影できるとされる。霊気。霊光。

人が纏うオーラはその人の性格や体調、精神状態を示すと言われる。オーラには7色(あるいは8色)があり、それぞれ異なる性質を表すとのこと。

関連用語

関連リンク

コミュニケーションにおける「オーラ」

ある人が発する生気。

  1. 気分などの勢いが周知されたもの。
  2. 気持ちを暗示して伝えようとするもの。

用例

無理オーラダメオーラ幸せオーラ

関連用語

haloハローヘイロー)、キャラクター波動雰囲気、場の臭気?場の空気

芸術表現における「オーラ」

オカルト的に威厳のある人物やカリスマ性のある人物のかもし出す雰囲気や威圧感を「オーラ」と呼び、そういう人物を「オーラを纏っている」と表現する。宗教画などに描かれることがある。

ゲーム

オーラ

おーら

MMORPGラグナロクオンラインの用語。レベルが最高に達するとキャラクターからオーラが出て見えることから「あと〜でオーラ」のような使い方をされる。