スマートフォン用の表示で見る

オプション取引

社会

オプション取引

おぷしょんとりひき

意味

【option trading】

ある目的物(原資産)を、一定時点でのレート・価格で付与・売買できる選択権(オプション)そのものを取引するること。

オプションの取得者は、プレミアム料をオプション設定者に支払って譲り受ける。オプション取得者は、利益がある時は選択権を行使して、不利益の時は選択権を放棄するので、「損失限定・利益無限定」。一方、オプション設定者は、プレミアム料を得る代わりに、取得者の権利行使に応じる義務があるので、「利益限定・損失無限定」といえる。

起源については、哲学者タレスによるオリーブ圧搾機の賃借権オプションの話が有名。