スマートフォン用の表示で見る

カエルの楽園

読書

カエルの楽園

かえるのらくえん

小説家百田尚樹の小説。故郷を追われた2匹のアマガエルがたどり着いた国のカエルたちは、3戒というものを持っており、それを守り続けることで平和で居られるのだと信じていたが、やがて、それを揺るがす事件が起きる。

この話をどのように解釈するかは、読み手次第である。