スマートフォン用の表示で見る

サラエボ

地理

サラエボ

さらえぼ

Sarajevo

ボスニア・ヘルツェゴビナボスニア・ヘルツェゴヴィナ)の首都ボスニア地方のサラエヴォ渓谷のなかにある。

1914年にこの地で起きたオーストリア皇太子の暗殺事件(サラエボ事件)は、第一次世界大戦の発端となった。

1984年には冬季オリンピックが開かれた。

ボスニア紛争によりサラエボは包囲され戦場となった。紛争終結後、復興再開発が進み、紛争前の水準に近くなっているとされる。

表記ゆれサラエヴォ