スマートフォン用の表示で見る

シベリア少女鉄道

アート

シベリア少女鉄道

しべりあしょうじょてつどう

劇団。作・演出の土屋亮一が2000年に旗上げ。

旗上げ公演「笑ってもいい、と思う。」はメタ演劇の極地として話題となり、日本インターネット演劇大賞(えんげきのぺーじ主催)最優秀新人公演次点という微妙な評価をされた(翌年「栄冠は君に輝く」が最優秀新人公演、さらに2002年には「耳をすませば」が大賞となった)。