スマートフォン用の表示で見る

ツエーゲン金沢

スポーツ

ツエーゲン金沢

つえーげんかなざわ

金沢市など石川県全県をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグJリーグ)に加盟するサッカークラブ。トップチームはJ2リーグに所属。

クラブ情報

チーム名・呼称ツエーゲン金沢
英字表記Zweigen KANAZAWA
運営法人株式会社ツエーゲン
所属リーグJリーグ - J2リーグ
クラブライセンスJ2クラブライセンス
ホームタウン金沢市野々市市かほく市津幡町内灘町を中心とする石川県全県
ホームスタジアム石川県西部緑地公園陸上競技場
クラブカラー赤、黒、黄
クラブマスコットゲンゾー

チーム名の由来

ドイツ語で「2」を意味する“Zwei(ツヴァイ)”と「進む」を意味する“Gehen(ゲーン)”から、『チームとサポーターが共に進んでいく』の意味。金沢弁で「強いんだっ!(つぇーげん!)」の意味も持つ。

http://www.zweigen-kanazawa.jp/htm/clubteam.html

歴史

1956年創設の「金沢サッカークラブ」が前身。

2006年、将来のJリーグ入りを目指して任意団体石川フットボールクラブ(石川FC)を運営母体として立ち上げ、チーム名を「ツエーゲン金沢」に改称。北信越フットボールリーグ1部に参戦する。

北信越フットボールリーグ1部では松本山雅FCAC長野パルセイロJAPANサッカーカレッジといった強豪チームと地域リーグながら激しい優勝争いを繰り広げたが、ツエーゲン金沢として参戦以降、なかなか優勝することができなかった。また、全国社会人サッカー選手権大会でも敗れ、全国地域リーグ決勝大会の出場権を獲得できずにいた。

2009年より上野展裕監督を招聘。北信越リーグでは3位に終ったが、全国社会人サッカー選手権大会で準優勝し、初めて全国地域サッカーリーグ決勝大会の出場権を獲得した。全国地域サッカーリーグ決勝大会では3位にとどまり、自動昇格は逃したものの、JFL17位のFC刈谷との入れ替え戦を制し、チーム発足後4年目にしてJFL昇格を果たした。

2013年2月、Jリーグ準加盟が承認された。条件付でJ2ライセンスの交付を受けており、2014年シーズンからのJ3リーグ参加が承認された。

2014年J3リーグで2位のAC長野パルセイロ勝ち点で6差を付けて優勝、記念すべきJ3リーグ初代王者に輝き、翌年からのJ2リーグ昇格を決めた。

Jリーグでの成績

歴代監督