パノラマsuper

一般

パノラマSuper

ぱのらますーぱー

パノラマSuperパノラマスーパー)とは、名古屋鉄道1000系1200系・1800系・1600系の各特急車のことを指す

1988年(昭和63年)、7000系パノラマカーの後継特急車として製造された。

名鉄特急の主力系列。

1000系

1988年(昭和63年)に製造された、パノラマSuperの最初の系列。

パノラマカーとは異なり、展望席はハイデッカー構造で、運転席は展望席の下に配置しており、大型曲面ガラスの採用と共に、眺望性を重視している。

客室と乗降口はデッキで仕切られており、座席はリクライニングシートを採用し、居住性が向上している。

性能的には5700系と同じく、界磁チョッパ制御方式を採用。台車などは120km/h運転に対応している。

最初は4両固定編成で投入され、全車座席指定の特急に運用されたが、1990年平成2年)より、特急の営業政策が大幅に変更され、名古屋本線特急の多くが「指定席車+一般席車」となったことから、一部の編成が1200系と組み合わされて運用されている*1

2005年4月現在、4両編成(全車特別車)15本と、6両編成(1000系特別車2両+1200系一般席車4両)12本の、合計84両が在籍。4両編成は主に犬山常滑・河和・知多新線特急に運用され、重連運用も存在。6両編成は名古屋本線常滑線空港線快速特急特急に運用される。


1030系

1992年(平成4年)から製造された系列。

車体は1000系と同じだが、電気機器を7500系から流用しているため、30番台に区分された。

1030系のみの単独編成は存在せず、全車が一般席車(1230系)と混成の6両編成を組む。

6両編成4本が投入され、1030系としては8両が製造されたが、2両が事故で廃車されたため、2005年4月現在、6両編成3本、合計6両が在籍。名古屋本線常滑線空港線快速特急特急に運用される。

1200系

1991年平成3年)に製造された、パノラマSuperの一般席車。

前年に実施された、特急営業政策の大幅改正で、名古屋本線特急の多くが「指定席車+一般席車」となったが、指定席車に1000系が使用される一方で、一般席車には5700系や7000系などが使用されていたため、編成内容の統一を図るべく、本形式が投入された。

3扉・転換クロスシート車で、ドア付近には補助席が設置されている。

性能的には1000系と同じで、120km/h運転に対応。

1200系だけで組成される編成はなく、1000系と組み合わせて運用される。

2005年4月現在、6両編成(1000系特別車2両+1200系一般席車4両)12本の、合計48両が在籍。名古屋本線常滑線空港線快速特急特急に運用される。運用の都合で、急行や普通にも使用されることがあるが、この場合は、指定席車は締切回送扱いとなり、一般席車のみ乗車できる。

1230系

1992年(平成4年)から製造された系列。

車体は1200系と同じだが、電気機器を7500系から流用しているため、30番台に区分された。

1230系のみの単独編成は存在せず、全車が1030系と混成の6両編成を組む。

6両編成4本が投入され、1230系としては16両が製造されたが、1本は事故に遭い、特別車(1030系)が廃車となったため、一般席車4両が「1380系」に改造された。

2005年4月現在、6両編成3本、合計12両が在籍。名古屋本線常滑線空港線快速特急特急に運用される。

1800系

ラッシュ時間帯に、「指定席車+一般席車」編成の特急に増結して8両で運用するため、1991年平成3年)から製造された。

1200系同様の車体や車内設備を持つが、前面に「パノラマSuper」のロゴがないことや、ミュージックホーンを装備していない点、制御方式が界磁添加励磁制御方式であることが、1200系と異なる。

2005年4月現在、2両編成9本、合計18両が在籍。名古屋本線常滑線空港線快速特急特急の増結用として運用されるほか、昼間は名鉄岐阜新羽島間の急行や、名古屋本線の普通にも運用される。

1850系

1992年(平成4年)から製造された系列。

車体は1800系と同じだが、電気機器を7500系から流用しているため、50番台に区分された。

2005年4月現在、2両編成3本、合計6両が在籍。名古屋本線常滑線空港線快速特急特急の増結用として運用されるほか、昼間は名鉄岐阜新羽島間の急行や、名古屋本線の普通にも運用される。

1600系

佐屋〜吉良吉田間の特急に運用されていた7000系・7700系を置きかえるため、1999年(平成11年)から製造された系列。

全車特別車で、「パノラマSuper」シリーズを名乗っているが、展望席はなく、前面貫通型となっている。

曲線通過速度を向上するため、空気ばねによる車体傾斜制御装置が採用された。また、130km/h運転に対応する。

特急車としては初めてVVVFインバータ制御・シングルアームパンタグラフを採用している。

2005年4月現在、3両編成4本、合計12両が在籍。主に名鉄名古屋〜西尾間の特急に運用されるほか、「ミュースカイ」の代替として、中部国際空港アクセスの快速特急にも運用されることがある。2本を組み合わせて、6両編成で運用されることもある。

(現在は改良され、1700系となっている)

*1:1999年(平成11年)5月から、「指定席車」の名称は「特別車」に変更されている