スマートフォン用の表示で見る

ファンダメンタル

キーワードの候補

2件

一般

ファンダメンタル

ふぁんだめんたる

経済活動の状況を示す代表的な指標、または経済活動の実態そのもの。基礎的諸条件、と訳されることもある。株式投資のみならず、景気や経済の分析、ありとあらゆる金融投資の判断材料として用いられる指標のひとつ。投資のための市場環境の分析には大きく分けてファンダメンタル分析テクニカル分析がある。

ファンダメンタルとは、簡単に書くと直近の「生の経済情報」である。例えば、政府が発表するGDP完全失業率日本銀行が発表する短観企業短期経済観測調査)、総務省消費者物価指数などのマクロ経済情報。更には企業の決算時に公表される決算書類も、ミクロな経済情報としてファンダメンタルを構成する。

すなわち、金融投資上のファンダメンタルとは人の想像や予測ではない「確定した実際の経済情報」のことであり、単純に指標として見る分には信頼に足るものである。

主なマクロファンダメンタル指標としては、GDP、財政収支、国際収支、鉱工業生産、雇用統計失業率など)、消費関連(小売り売上、自動車販売など)、住宅関連(戸建て販売など)、設備投資関連(建設受注、機械受注など)、CPIなどがある。

金利、為替、株価原油価格といった市場の指標もファンダメンタルを構成する一部となる。

一般

ファンダメンタル

ふぁんだめんたる

 アメリカ合衆国日本国大韓民国などの後進資本主義国に進出・布教している自称キリスト教プロテスタント)。

 歴代合衆国大統領は,結構ファンダメンタル派が多い(近時ではカーター・レーガン)けれども,いちばんキティなのは,ブッシュ子どもの方)。

 詳細な解説を書くと100頁くらいになってしまうであろう。