スマートフォン用の表示で見る

アニメ

ブラック・ジャック

ぶらっくじゃっく

手塚治虫原作の医療漫画ブラック・ジャックアニメ化された。2004年10月11日〜2006年9月4日放送。

よみうりテレビ製作・日本テレビ系列で毎週月曜日午後7時から放送。地上デジタル放送では、ハイビジョンで放送。2006年4月10日放送分から新シリーズとして「ブラック・ジャック21」とタイトルを変更した。


原作の売り物であるスターシステム(スターキャスト)はアニメーション版においても引き継がれているが、1エピソードのみのエピソードキャラクター、犬のラルゴもアニメ版ではレギュラー。登場回数の少なかった「三つ目がとおる」の写楽保助と和登千代子が準レギュラーとなっている。重複するキャラクターは別の手塚キャラに置き換えられている。


各話タイトル

続きを読む

マンガ

ブラック・ジャック

ぶらっくじゃっく

無免許の天才外科医、ブラック・ジャックの活躍を描くマンガ。

治療の対象は人間にとどまらず、馬や宇宙人、幽霊にまでおよぶ。

医療行為を通して戦争や教育、公害差別問題にまで言及し、生命の尊さを描いたオムニバス形式の物語。


作品概要

続きを読む

テレビ

ブラック・ジャック

ぶらっくじゃっく