スマートフォン用の表示で見る

プール熱

サイエンス

プール熱

ぷうるねつ

アデノウイルスが原因で発症する、急性ウイルス性感染症医学用語では「咽頭結膜熱」。

概要

主に学童の間で流行し、夏にプールで感染することが多い、咽喉や眼の炎症や発熱、結膜炎などの症状が出る病気。

プールを通して感染することが多いため、プール熱と呼ばれる。

主な症状

  1. 発熱(39度近くになることもあります)
  2. 咽頭発赤
  3. 結膜充血

予防法

プールから上がったら目や手を洗い、身体をよくシャワーで流す。

家庭では、手洗いうがいを徹底し、家族と食器やタオルなどを共用しないようにする。