スマートフォン用の表示で見る

ポタラ宮

地理

ポタラ宮

ぽたらきゅう

Potala Palace

チベットの中心地であるラサにある宮殿。チベット政府ガンデンポタン)が7世紀半ばにチベットを統一した吐蕃王朝第33代のソンツェン・ガムポがマルポリの丘に築いた宮殿の遺跡を改装し、増築させてつくらせ、1660年に完成した。チベット政府の指導者であるダライ・ラマが政治を行う場所だった。1949年から始まった中国共産党政府によるチベット侵略によってダライ・ラマ14世を含むチベット政府の関係者の亡命により、現在は中国政府が接収し、博物館となっている。