スマートフォン用の表示で見る

ラウドネス

キーワードの候補

2件

音楽

ラウドネス

らうどねす

1. 音の大きさ

2. ヘヴィ・メタル・バンド名(固有名詞)

伝説のバンド

日本が世界に誇るヘヴィ・メタル・バンド、ラウドネス!! 野茂や佐々木が米国野球界に挑戦する10年も前に、アメリカ音楽界に殴り込みをかけた男たちがいた。

レイジー高崎晃(g)と樋口宗孝(dr)を中心に結成されたラウドネスは、81年に『誕生前夜』でデビューを飾る。メタリックかつプログレッシヴ、ア〜ンド、メロディアスなサウンドは、ジャパニーズ・メタル(通称ジャパメタ)・ムーヴメントの幕開けを告げる狼煙となり、多くの若手バンドがその後に続く。二井原実のハイトーン・ヴォーカル、高崎の煙の出るような超絶ギター・ソロ、そして、山下昌良(b)と樋口による鉄壁のリズム隊は、海外のヘヴィ・メタル・バンドに何ら遜色のない実力を誇った。

『撃剣霊化〜DISILLUSION』(84年)で日本メタル・シーンの頂点を極めた彼らは、『THUNDER IN THE EAST』(85年)を引っ提げて、遂にワールドワイド・デビューを果たす。それに伴い、モトリー・クルーのオープニング・アクトとしてアメリカ・ツアーを敢行、日本人としては初めてマジソン・スクエア・ガーデンでライヴを行うという快挙を成し遂げる。さらに、アルバムもスマッシュ・ヒットを記録し、その名を全米に知らしめたのであった。

1985年には5枚目のアルバムが全米ヒットチャート「ビルボード」に74位に入り、日本のロックバンドで初の全米ヒットチャート100位圏内入りを果たした。

以後も、メンバー・チェンジを繰り返しながら、傑出した作品を次々と発表する。00年10月には、二井原実(vo)、高崎晃(g)、樋口宗孝(dr)、山下昌良(b)というオリジナル・メンバーで活動開始。メタル道を追求する姿勢は少しも揺るがず、鋼鉄の牙城を死守し続けている。2008年は樋口が死去したため、2009年には鈴木政行が加入した。歴代メンバーとしてはマイク・ヴェセーラ、山田雅樹沢田泰司柴田直人本間大嗣が在籍していた。

リスト::バンド

人が感じる音の大きさを数値で表す基準。

ITU-R(国際電気通信連合無線通信部門)において国際標準化されている。

2012年10月1日から、統一民放テレビ各局は全ての放送番組においてこの規準が取り入れられる予定。これにより、番組間やチャンネル間の音量感の差が解消される。

no title