スマートフォン用の表示で見る

リース

キーワードの候補

3件

一般

リース

りーす

リース(lease,leasing)とは、機械などの物品を利用者に代わる別の企業が購入して、利用者に一定期間の契約で有料で貸し出すビジネスをいう。

ファイナンス・リース契約オペレーティング・リース契約に大別される。

月額リース料金 = (物件価格 + 期間固定資産税 + 金利 + 動産総合保険保険料 + 利益 + 対象企業によるリスク利率 ) / リース期間(月数)

月額リース料金 = (物件価格-残価 + 期間固定資産税 + 金利 + 動産総合保険保険料 + 利益 + 対象企業によるリスク利率 ) / リース期間(月数)

ファイナンスリースオペレーティングリースの違いは、残価設定をされているかどうかである。

日本では「リース」というときは一般にファイナンス・リースのことを指しているが、リース期間中におけるリース会社のサービスや、リース期間終了後のリース物件処理における実務などを考慮すると、日本におけるファイナンス・リース取引は、資金調達の代替手段ではなく、賃貸借性・サービス性が強く米国のリースと異なる特徴を持つ。

一般

リース

りーす

ヨーロッパ北アメリカで、古くから幸福と幸運を呼び込むと言い伝えられているのがリース。意味は冠のこと。月桂樹の冠も、国王の宝石をちりばめたクラウンもリースから発祥したものである。

リースの歴史は古く、発祥は古代ギリシアオリンピック、勝者に贈った月桂樹やオリーブで作った輪だと言われている。名誉と勝利、平和のシンボルとして頭上に飾られたのである。

リースにはまた、使用した素材や色によってメッセージが込められている。クリスマスの場合は風の吹きすさぶ冬でも、葉を落とさず実をつける常緑樹のヒイラギ、モミ、スギなどは永遠の命を。実やリボンの赤は人間の罪を救うために流したキリストの血の色を。金色は希望を、白は心の清純さをそれぞれ表してしている。

とくに冬のドアリースは香りの植物と先のとがった葉で作り、魔よけのために入り口に取り付けられたようだ。さらに、リースの輪は、また戻ってくるという意味もあり、永遠、不滅そして幸福と幸運のお守りとされている。

ゲーム

リース

りーす

ゲーム『聖剣伝説3』に登場するキャラクター。主人公の一人。

ローラントの女王でナバールの襲撃で弟は誘拐、父は殺害された。弟を探すために旅に出た。


ステータスはバランスがいいが初期は物理攻撃ばかりなので知性・精神を上げるのは無駄である。

クラス3になると召喚魔法が使える。

同人誌でよくつかわれるキャラクター。