スマートフォン用の表示で見る

慰安婦問題

社会

慰安婦問題

いあんふもんだい

従軍慰安婦にまつわる歴史認識問題、外交問題補償問題

日本の政治家や言論人が慰安婦制度否認正当化をする発言を行ったり意見広告を出したりするなど史実の否定や捏造を行ったことに対する国際的非難など。

米国台湾オランダフィリピンカナダEUから日本に対して非難決議が出されている。

アメリカ合衆国下院121号決議では「日本政府による強制軍事売春たる「慰安婦」制度は、その残酷さと規模において前例のないものである」とされ、「集団強姦、強制中絶、屈従、そして身体切除、死、結果的自殺に至った性暴力を含む、20世紀でも最大の人身売買事件の一つ」としている。その上で日本政府に対し、日本軍が「慰安婦」として知られるようになった性奴隷制を強制したことを明確かつ曖昧さのない形で正式に認め、謝罪し、歴史的責任を受け入れることや、否定論に対し明確かつ公的に反駁することや、「慰安婦」に関わる国際社会の数々の勧告に従うこと、この恐るべき犯罪について現在および未来の世代に対して教育することをすべきであると決議している。