スマートフォン用の表示で見る

一ノ谷の戦い

一般

一ノ谷の戦い

いちのたにのたたかい

寿永三年(1184)、二月七日に摂津国福原に拠る平氏軍とそれを攻撃する源氏軍との間に行われた戦い。

源氏源範頼を大手の大将として生田の森を攻め、また源義経を搦手の大将として一ノ谷を攻撃した。戦いは義経による鵯越の奇襲などにより源氏方の勝利に終わり、平家は多くの犠牲者を出して讃岐屋島へと落ちのびた。

鵯越の逆落としの他、熊谷直実に討ち取られた平敦盛の最期など有名なエピソードも多い。

主な犠牲者

  • 平通盛
  • 平忠度
  • 平経俊
  • 平知章
  • 平敦盛
  • 平業盛
  • 平経正
  • 平師盛
  • 平盛俊
  • 平重衡(生捕り)