静御前

静御前

(一般)
しずかごぜん

平安時代末期に、源義経の寵愛を受けた京の白拍子。


謡曲「船弁慶」では、義経と静御前の別れのシーンが描かれている。

新着ブログ: 静御前