スマートフォン用の表示で見る

一向宗

キーワードの候補

3件

一般

一向宗

いっこうしゅう

ほぼ浄土真宗を意味する。ひたむきに念仏を唱えることから、この名称がついたらしい。なお、浄土真宗の教団自身はこの名を自称しなかった。

開祖親鸞だが、日本的規模で広がったのは蓮如の功績による。

室町時代末期より、加賀・越前、近畿などにおいては「一向一揆」により、国まで獲るにいたった。

一般

一向宗

いっこうしゅう

日本の鎌倉時代浄土宗の僧である一向俊聖が創めた仏教宗派江戸時代には幕府によって時宗に強制的に統合され、時宗一向派となった。その後、昭和期には大半の寺院が時宗を離れ浄土宗帰属するようになった。

一般

一向宗

いっこうしゅう

日本の鎌倉時代浄土宗の僧である一向俊聖を祖とする仏教宗派江戸時代になると幕府によって時宗に強制的に統合され、時宗一向派と改称させられた。