スマートフォン用の表示で見る

院政

社会

院政

いんせい

上皇太上天皇)・法皇太上法皇)が天皇に代わり主導する政治形態。

院政を敷く上皇法皇治天の君という。

白河上皇が始めた。

平安時代末期から鎌倉時代初期にかけてが最盛期で、その後も江戸時代までみられた。


転じて、組織のトップを退いた者が、実権を握って組織を陰で牛耳ること。