スマートフォン用の表示で見る

映像の世紀

テレビ

映像の世紀

えいぞうのせいき

NHKスペシャルで1995年3月から1996年にかけて放送された、放送70周年記念番組。NHK・アメリカABC国際共同取材

2003年12月22日から同30日まで、全11話アンコール再放送が行われた。

http://www.nhk.or.jp/winter/gtv/gtv016.html

番組紹介

20世紀は人類がその歴史を初めて「動く映像」として見ることができた最初の世紀だった。

映像は20世紀をいかに記録してきたのか。そして、それは歴史とどのようにかかわっていたのか。「映像の世紀」シリーズは、世界中に保存されている映像記録を発掘、収集して時代順に構成。有名、無名の人物が書き残した回想録や日記、手記、演説を紹介しながら、活字情報では体験できないような迫力と臨場感で、20世紀の世界を描きだす。(NHKソフトウェアより)

エピソードリスト

第1集 20世紀の幕開け カメラは歴史の断片をとらえ始めた

第2集 大量殺戮の完成 塹壕の兵士たちは凄まじい兵器の出現を見た

第3集 それはマンハッタンから始まった 噴き出した大衆社会の欲望が時代を動かした

第4集 ヒトラーの野望 人々は民族の復興を掲げたナチス・ドイツに未来を託した

第5集 世界は地獄を見た 無差別爆撃、ホロコースト、そして原爆

第6集 独立の旗の下に 祖国統一に向けて、アジアは苦難の道を歩んだ

第7集 勝者の世界分割 東西の冷戦ヤルタ会談から始まった

第8集 恐怖の中の平和 東西の首脳は最終兵器・核を背負って対峙した

第9集 ベトナムの衝撃 アメリカ社会が揺らぎ始めた

第10集 民族の悲劇果てしなく 絶え間ない戦火、さまよう民の慟哭があった

第11集 JAPAN 世界が見た明治・大正・昭和

スタッフなど

音楽:加古隆 主題曲「パリは燃えているか」

ナレーション:山根基世