スマートフォン用の表示で見る

夏木マリ

アート

夏木マリ

なつきまり

女優。歌手。

本名:中島淳子

1952年5月2日生まれ、東京都豊島区出身。豊島岡女子学園高等学校

1973年、「絹の靴下」でデビュー。

80年代より演劇において幅広く活躍中。華やかな中に深みのある存在感で、前衛劇から商業劇までこなすこなす貴重な俳優として、魅了し続けている。

主な舞台作品として、「死神」「きらめく星座」「転落の後に」「ディオニュソス」「マクベス」「イワーノフ」「ハムレット」「レ・ミゼラブル」に出演。

93年から精力的に続けているセルフパフォーマンス「印象派」公演は、国内外から注目されている。最近では、映画「千と千尋の神隠し」「ピンポン」「宣戦布告」「新・仁義なき戦い/謀殺」、TVドラマカーネーション」などに出演。

音楽活動では、小西康陽プロデュースにより、1995年「九月のマリー」1996年「ゴリラ」2002年「パロール」の3作品をリリースし、スタイリッシュなサウンドに絡む味わい深いヴォーカルが20代を中心としながら、幅広い世代から絶大な支持を得ている。

また、クルトヴァイル,ヴィソスキー、コンテンポラリーな楽曲を唄う迫力あるステージへの評価も高い。

事実婚・結婚

2007年にパーカッショニスト斉藤ノブとの交際を発表した際、フランス事実婚率の高さになぞらえて、入籍にこだわらない自分たちの結婚ステータスを「フランス婚」と表現したことで話題になった。尚、2011年には、斉藤との入籍を発表しており、「フランス婚」状態に終止符を打っている。

関連記事

泣きっ面にマリ 大人の女の人生相談

泣きっ面にマリ 大人の女の人生相談

カッコいい女! (ワニ文庫)

カッコいい女! (ワニ文庫)