スマートフォン用の表示で見る

河野氏

一般

河野氏

こうのし

伊予の豪族、考霊天皇伊予皇子を祖とする越智氏の末裔といわれている。

源平合戦承久の乱南北朝応仁の乱と数々の戦乱の荒波の中生き残ってきたが、ついに四国征伐で歴史より消え去る。

歴代

河野通清(?-1181)父が源頼義四男の子ということで以仁王綸旨を受けて挙兵するも敗死する。*1

河野通信(1155-1223)、承久の乱にて宮方につき、江刺に配流。

河野通久(?-?)通信五男、母は北条政子妹、そのため承久の乱の際、幕府軍につき命脈を保つ。

河野通継(?-?)

河野通有(1250-1311)元寇の際、弘安の役で活躍。

河野通盛(通治)(-1364)元弘の乱の際、鎌倉幕府のつき一時家督を一族の得能通綱の奪われる。南北朝期は一貫して武家方につき、室町幕府より周防守護、伊予守護にまで任ぜられる。後に出家する。

河野通朝(-1364)細川氏との合戦で戦死。

河野通尭(通直)(-1379)細川氏との合戦で戦死。

河野通義(-1394)京にて病死。

河野通之(-1415)通義弟(予州家)。細川氏との和睦の際、細川頼之の養子となる。後合戦にて戦死。

河野通久(-1435)通義嫡男。大内氏との合戦で戦死。

河野通直(刑部少輔-1500)

河野通宣(-1519)

河野通直(弾正少弼-1572)嫡子なく、家督を娘婿の村上通康に譲ろうとするが家臣の反乱にあって出家する。

河野通政(晴通)(-1543)予州家、通義の孫の孫の子、家督を譲られるがすぐ病没する。

河野通宣(-1581)通政弟、家督庶子ではなく一族より養子をとり譲る。

河野通直(-1588)秀吉四国征伐に下り、竹原にて没する。

河野通軌(?-?)旧家臣団が毛利家より貰い受け擁立した養子。


関連項目

  • 一遍上人:河野通信の孫に当り三男別府七郎左衛門通広の三男。
  • 稲葉氏?:河野通直(刑部少輔)の子通貞の子孫らしい。
  • 一柳氏:河野通直(刑部少輔)の子通冬の子孫らしい。
  • 林氏(織田家家老職):河野通義の子通弘の子孫とか河野通尭の子通兼の子孫らしい。
  • 得能氏:河野通信嫡子通俊の子孫。南朝につき一時家督回復するが、以後没落?
  • 土居氏:河野通継庶子通成の子孫、南北朝期は得能氏と命運をともにするが、戦国期にはちゃっかり河野氏に帰順。四国征伐後、竹原移住組みと帰農組に分かれる。なお愛媛南予地方の土居氏とは系統が違う。
  • 得居氏:村上通康の長男通年(通之)が継いだ家系、得能、土居の子孫らしいが養父の聖運って誰?
  • 久留島氏?:村上通康の子、通総の子孫。豊後森藩。
  • 築山氏:河野通宣庶子の子孫、築山本河野家譜を残す。

*1源頼義四男なんていなし、年数が開き過ぎてるんですけど。