スマートフォン用の表示で見る

宮福線

地理

宮福線

みやふくせん

第三セクター第三種鉄道事業者北近畿タンゴ鉄道が線路施設を保有し、第二種鉄道事業者WILLER TRAINSが列車の運行をする鉄道路線

日本鉄道建設公団が建設中だった 宮津駅福知山駅を引き継ぎ、1988年開業。開業当時は宮福鉄道と称されていたが、翌年、JR宮津線の経営を合わせて引き受けたことで社名を「北近畿タンゴ鉄道」とした。

2015年4月1日、第二種鉄道事業者のWILLER TRAINSが運行を開始するにあわせ「京都丹後鉄道」の愛称を導入した。

全線電化だか殆どの特急快速・一部普通以外は自社所有の気動車で運転。全線単線

駅名よみがな
“えき”は略
接続路線
福知山駅ふくちやま山陰本線 福知山線 舞鶴線
福知山市民病院口駅ふくちやましみんびょういんぐち-
荒河かしの木台駅あらがかしのきだい-
牧駅まき-
下天津駅しもあまづ-
公庄駅ぐじょう-
大江駅おおえ-
大江高校前駅おおえこうこうまえ-
二俣駅ふたまた-
大江山口内宮駅おおえやまぐちないく-
辛皮駅からかわ-
喜多駅きた-
宮村駅みやむら-
宮津駅みやづ宮豊線宮舞線


リスト::鉄道路線