スマートフォン用の表示で見る

共時性

一般

共時性

きょうじせい

シンクロニシティ synchronicity

あるいは

→共時態。

シンクロニシティ(英語:Synchronicity)とは、事象(出来事)の生起を決定する法則原理として、従来知られていた「因果性」とは異なる原理として、カール・ユングによって提唱された概念である。共時性(きょうじせい)とも言う。

何か二つの事象が、「意味・イメージ」において「類似性・近接性」を備える時、このような二つの事象が、時空間の秩序で規定されているこの世界の中で、従来の因果性では、何の関係も持たない場合でも、随伴して現象・生起する場合、これを、シンクロニシティの作用と見做す。シンクロニシティを主題として、ユングは、理論物理学者パウリと共著で著書を出版している。(Wikipediaより)