スマートフォン用の表示で見る

近鉄京都線

地理

近鉄京都線

きんてつきょうとせん

近畿日本鉄道の鉄道路線

近畿日本鉄道近鉄)の幹線京都駅大和西大寺駅間34.6km

かつては奈良電鉄の路線だったが、1963年に近鉄合併された。

竹田駅を接続駅として、京都市営地下鉄烏丸線相互直通運転国際会館近鉄奈良駅間)を行っている。

駅と接続路線

駅名読み
“えき”は略
乗換
京都駅きょうと東海道新幹線
JR京都線琵琶湖線奈良線嵯峨野線(山陰線)・湖西線
東寺駅とうじ-
十条駅じゅうじょう-
上鳥羽口駅かみとばぐち-
竹田駅たけだ京都市営地下鉄烏丸線(相互直通運転)
伏見駅ふしみ-
近鉄丹波橋駅たんばばし京阪本線
桃山御陵前駅ももやまごりょうまえ-
向島駅むかいじま-
小倉駅おぐら-
伊勢田駅いせだ-
大久保駅おおくぼ-
久津川駅くつかわ-
寺田駅てらだ-
富野荘駅とのしょう-
新田辺駅しんたなべ-
興戸駅こうど-
三山木駅みやまき-
近鉄宮津駅みやづ-
狛田駅こまだ-
新祝園駅しんほうそのJR学研都市線(祝園駅)
木津川台駅きづがわだい-
山田川駅やまだがわ-
高の原駅たかのはら-
平城駅へいじょう-
大和西大寺駅やまとさいだいじ近鉄奈良線橿原線(直通運転)

種別

普通列車のほか、準急急行特急がある。準急は平日朝夕のみの運行で、急行特急は終日設定されている。また、日中には京都市営地下鉄烏丸線直通の急行も設定されている。

停車駅:丹波橋駅

このほか朝夕に高の原駅に停車する特急が設定されている。

停車駅:東寺駅竹田駅丹波橋駅桃山御陵前駅大久保駅新田辺駅新祝園駅高の原駅

近鉄京都駅近鉄宮津駅間に設定されている急行新田辺駅近鉄宮津間の各駅に停車する。

竹田駅京都市交通局烏丸線から近鉄奈良駅へ直通急行が設定されている。

奈良競輪開催時は平城駅急行が臨時停車することがある。

停車駅:東寺駅竹田駅新田辺駅間の各駅

ラッシュ時間帯に近鉄京都駅新田辺駅間に設定されている。あとからの急行より先に新田辺駅に先着する。ラッシュ時の混雑緩和・分散の役割を果たす。

ダイヤ

奈良発着、橿原神宮前発着、奈良発着と橿原神宮前発着を大和西大寺駅で連結開放する特急がそれぞれ1時間に1本運転されている。合わせて約20分間隔で京都線特急が走る。

1時間あたり近鉄京都駅近鉄奈良駅1本、近鉄京都駅橿原神宮前駅2本が運行され合わせて20分間隔で運転されている。これに加え京都市交通局烏丸線直通〜近鉄奈良駅の(直通)急行が1時間に1本運転される。

    • 普通

新田辺駅烏丸線直通の普通列車が1時間に2本設定されている。このほか近鉄京都駅発着の普通列車が1時間に4本設定されている。

  • 夕ラッシュ時間帯

1時間あたり奈良発着が2本、賢島発着(橿原神宮前発着)が1本、橿原神宮前発着が1本の計4本である。合わせて15分間隔で運転される。高の原駅にも追加停車する。

1時間あたり奈良発着が2本、橿原神宮前発着が2本の運転が基本である。合わせて15分間隔で運転される。

1時間あたり1本程度近鉄京都駅新田辺駅間で運転される。


リスト::鉄道路線