スマートフォン用の表示で見る

幻想交響曲

音楽

幻想交響曲

げんそうこうきょうきょく

ベルリオーズの作品。

当時使われ始めていた、テューバトロンボーンなどを激しく使った交響曲

ベルリオーズの大音響の演奏会は、風刺画にもなった。


曲は次のモチーフを元に作られている。

「ある有能な芸術家が恋に破れ、アヘンを飲んで自殺する。しかしアヘンの量が少なくて死に切れず奇怪な夢を見る。」

恋人のフレーズ(固定着想)や交響曲ワルツを取り入れるなど非常に前衛的な作品で、後世にも影響を残す。


ベルリオーズは、舞台歌手ハリエットスミスソンに恋をし、振られている。そういうわけでこの有能な芸術家ベルリオーズ自身ということである。この曲で大成功したベルリオーズスミスソンと結婚することになるが、後にスミスソンの自殺という結果になってしまう。


第1楽章 夢・情熱

恋人との出会いを表現した第1楽章、雰囲気を表現したあとに固定着想が演奏される。恋人を遠くから眺めている憧れなどを表現している。

第2楽章 舞踏会

ある舞踏会で、恋人の姿を見かける。恋人が他の男と踊っている姿を表現し、この物語の主人公は嫉妬を覚える。

第3楽章 野の風景

野山の中で、もんもんと恋人のことを想う主人公。しかし、恋人に向かって叫んでも、こだまは返ってこない。

第4楽章 断頭台への行進

とうとう、主人公は恋人を殺し死刑宣告を受ける。断頭台に向かっていく主人公の姿、首が固定され、ちらっと恋人を思い出すが、無残にもギロチンによって首が落とされてしまう。

第5楽章 ワルプルギスの夜の夢

死んでしまった主人公の葬式を魔女が執り行う、魔女の饗宴のあとは、魂を取り戻しに来た神がグレゴリオ聖歌をモチーフに表現される。魔女の歌と神の歌が掛け合い、壮大なこの曲を閉じる。


* リスト:リスト::曲タイトル

目次
  • 幻想交響曲とは
    • 第1楽章 夢・情熱
    • 第2楽章 舞踏会
    • 第3楽章 野の風景
    • 第4楽章 断頭台への行進
    • 第5楽章 ワルプルギスの夜の夢