スマートフォン用の表示で見る

現物取引

一般

現物取引

げんぶつとりひき

投資家が自分で資金を用意して行う取引。当然ながら、手に入れた株式などは自分のものになる。

株式の場合、手に入れた株式の名義を書き換えることにより株主となり、配当金受取や株式分割などの権利を得ることができる。最近は証券保管振替制度を利用することにより、ほとんどの銘柄は受渡によって自動的に株主になることができる。この場合、株券を出庫すると名義が書き変わっていないので、きちんと名義を書き換える必要がある。