スマートフォン用の表示で見る

黒死館殺人事件

読書

黒死館殺人事件

こくしかんさつじんじけん

小栗虫太郎の小説。日本三大奇書の一つ。

当主算哲亡き後の降矢木家において四人の奏者が殺されていくという話。

グレーテは栄光に輝きて殺されるべし。

オットカールは吊されて殺されるべし。

ガリバルダは逆さになりて殺されるべし。

旗太郎は宙に浮かびて殺されるべし。

易介は挟まれて殺されるべし。