スマートフォン用の表示で見る

紺屋の白袴

一般

紺屋の白袴

こうやのしろばかま

紺屋が、自分は染めていない白袴をはいていることから、他人のことで忙しく、自分のことには手が回らないこと。

また、いつでもできると思い、何もしないで終わることのたとえにも使われる。

関連

医者の不養生?(Doctors often neglect their own health.)

髪結い髪結わず?