裁かるるジャンヌ

映画

裁かるるジャンヌ

さばかるるじゃんぬ

La Passion de Jeanne d'Darc

デンマークカール・ドライヤーが監督した映画史上の有名作。

原題は「ジャンヌ・ダルクの受難」の意。

ジャンヌ・ダルク裁判および処刑が描かれる。

デンマーク無声映画の巨匠ベンヤミン・クリステンセンの異色作『魔女』(1921)の影響が見られる。オリジナル版は長らく失われたものと思われていたが1984年に奇跡的に再発見された。

ジャン=リュック・ゴダールの『女と男のいる舗道』(1963)には、ヒロインがこの映画を観て涙を流す場面があるが、ヒロインを演じたアンナ・カリーナもドライヤーと同郷のデンマーク人である。

裁かるゝジャンヌ クリティカル・エディション [DVD]

裁かるゝジャンヌ クリティカル・エディション [DVD]