スマートフォン用の表示で見る

堺筋線

地理

堺筋線

さかいすじせん

概要

天神橋筋六丁目天下茶屋間を結ぶ、大阪市営地下鉄の路線。正式には地下鉄6号線。

ラインカラー阪急と乗り入れる事を意識して茶色。ただ、「阪急マルーン」とは色目が異なる。

天神橋筋六丁目からは、阪急千里線?阪急京都線に乗り入れ、北千里高槻市まで乗り入れる。

なお、阪急乗り入れの関係で全列車に種別が設定されている。

他の路線と違う点

阪急線と相互乗り入れをする関係上、他の大阪市営地下鉄の路線とは少し勝手が違う路線である。

車両の形状

1両につき片側4カ所の扉があるのが大阪市営地下鉄では一般的(長堀鶴見緑地線今里筋線は車両が小さいので3カ所)であるが、堺筋線の車両は、阪急と規格を合わせている関係で3カ所である。

また全線地下路線であるが、第三軌条式の他線(長堀鶴見緑地線今里筋線はリニアモーター式で架空線式)と異なり、地上を走る阪急線の規格にあわせて架空線式となっているため、車両にはパンタグラフが設置されている。

車両のルール

大阪市営地下鉄では基本的に優先座席付近で携帯電話の電源を切るルールを採用しているが、堺筋線では相互直通先の阪急線に準じ、北千里高槻市方面の先頭車(8号車)を電源OFF車両と定めている。

車庫

都心部のみを走るため沿線に車庫を設けることができず、また他の路線と規格が異なるといった理由から独自の車庫が必要であり、阪急京都線の相川〜正雀間に「東吹田検車場」を設置している。この関係でラッシュ前後に入庫便として正雀行き普通列車がある。

歴史年表

1969年12月6日、天神橋筋六丁目駅動物園前駅間が開通し、阪急千里線阪急京都線との相互直通運転を開始
1979年3月5日、動物園前駅阪急河原町駅間直通の急行が運行開始(平日の朝と夕方のラッシュ時のみ)
1993年3月4日、動物園前駅天下茶屋駅間が開通
2001年3月24日、夕方ラッシュ時の急行快速急行に変更
2007年3月17日、急行快速急行に代わって、準急が運転開始*1
2010年3月14日、京都方面行き準急の運転区間が茨木市駅から高槻市駅まで延長
2011年5月14日、土・休日ダイヤにおいて、準急(天下茶屋駅阪急河原町駅間)が運転開始
2013年12月21日、平日朝夕運転の準急河原町駅まで延長、最終電車運転時間も30分程度延長

駅と接続路線

駅No.駅名読み“えき”は略接続路線
K11天神橋筋六丁目駅てんじんばしすじ6ちょうめ阪急千里線相互直通運転/一部は千里線を介して、淡路から京都線へ直通)
谷町線
K12扇町駅おうぎまちJR大阪環状線天満駅
K13南森町駅みなみもりまち谷町線
JR東西線大阪天満宮駅
K14北浜駅きたはま京阪本線
K15堺筋本町駅
(船場東)
さかいすじほんまち
(せんばひがし)
大阪市営地下鉄中央線
K16長堀橋駅ながほりばし長堀鶴見緑地線
K17日本橋駅にっぽんばし千日前線
近鉄奈良線近鉄日本橋駅
K18恵美須町駅えびすちょう阪堺電気軌道阪堺線
K19動物園前駅
(新世界)
どうぶつえんまえ
(しんせかい)
御堂筋線
JR大阪環状線大和路線新今宮駅
K20天下茶屋駅てんがちゃや南海本線高野線


リスト::鉄道路線

運行形態

堺筋線内で完結する列車よりも阪急へ直通する列車の方が多い。

平日の朝夕ラッシュ時(朝の天下茶屋行きと夕方の天下茶屋始発)と土休日の日中は天下茶屋河原町間直通準急が運行される。

車両

定期列車は8両編成だが、臨時列車で6両編成がある。

*1:朝ラッシュ時は、河原町天下茶屋間 夕ラッシュ時は、天下茶屋茨木市