スマートフォン用の表示で見る

山本昌

スポーツ

山本昌

やまもとまさ

プロ野球中日ドラゴンズの選手。本名・山本昌広

左投左打、ポジションは投手。背番号は34番。

1965年8月11日生まれ。東京都大田区出身。神奈川県茅ヶ崎市名誉市民

得意球はスクリューボールだが、サイド気味の腕の振りから140キロに満たないストレートを右打者の膝元に投げ込み三振を奪う。緩急を自在に操り、バッターを手玉に取るピッチングが身上。

しかし、パ・リーグチームを苦手にしており、日本シリーズも過去6度出場して0勝4敗と相性が悪く、一部のファンからは「逆シリーズ男」と呼ばれている。

略歴

1984年日本大学藤沢高校からドラフト5位で中日ドラゴンズに入団。

1987年までの4年間で1軍登板はわずか4試合であった。

1988年、米国留学で生原昭宏アイク生原)にカーブとスクリューボールを教わり*1、開花。

同年夏に日本に呼び戻されると、2完投を含む5勝を挙げ、リーグ優勝に貢献。

1989年、先発ローテーションの一角を担う。

1993年最多勝最優秀防御率のタイトルを獲得。

1994年には19勝を挙げて最多勝となり、沢村賞投手に選ばれる。

1996年から現在の登録名でプレー。

1997年にも18勝で最多勝を獲得。

2006年9月9日、広島東洋カープ戦で通算2000奪三振を達成。

2006年9月16日、阪神タイガース戦にて41歳1ヶ月6日でのプロ野球史上最年長ノーヒットノーランを達成。*2

2008年8月4日、読売ジャイアンツ戦にて42歳11カ月のプロ野球史上最年長で史上24人目の通算200勝を達成。

2010年9月4日、ナゴヤドームで行われた読売ジャイアンツ23回戦で6安打に抑えて完封勝ちし、45歳24日での史上最年長完封を達成、60年ぶりとなる快挙を成し遂げた。

2012年4月1日、広島東洋カープ戦で先発登板、46歳7か月の登板で、セ・リーグ最年長登板記録を達成した。

2012年4月15日阪神タイガース戦で通算211勝目を達成し、工藤公康の持っていたセ・リーグ最年長勝利記録・プロ野球史上最年長先発勝利記録を更新した。

2012年4月22日、広島東洋カープ戦で、打者として一塁ゴロによる1打点を挙げ、打点のセ・リーグ最年長記録を更新した。

2012年4月30日、横浜DeNAベイスターズ戦で通算212勝目を達成し、杉下茂中日在籍時代に築いた球団記録211勝を54年振りに更新した。

勝利数はドラゴンズ左腕史上最多であり、現在も記録を更新中で、セ・リーグ相手に挙げた勝利数は現役最多。

また、クワガタマニア・ラジコンマニアとしても知られ、ラジコンは自らの大会を開催するほどの腕前である。但し、ラジコン大会では本名で出場している。

現在は家族と共に東京に引っ越しており、名古屋には単身赴任という形で暮らしている。

*1スクリューボールに関しては、チームメイトが投げていた球の握りを真似て、昼休みに練習し、その日の夜の試合で投げたところ打者が次々と空振りしたことスクリューボール会得の発端とされている。

*2:従来の記録は1995年にオリックス・ブルーウェーブ佐藤義則が達成した40歳11ヶ月。