スマートフォン用の表示で見る

四十九日

一般

四十九日

しじゅうくにち

仏教において、死後49日間を指す。死者があの世へ旅立つ期間であり、死者が生と死・陰と陽の狭間に居るため中陰という。

この間七日ごとに閻魔大王による裁きが行なわれ、極楽浄土に行けるかどうかの判定が下されるのが四十九日目である。四十九日目は別名「満中陰」と呼ばれ、この日が忌明けとされる。遺族は、この間、七日ごとの裁きの日に合わせて法要を行ない故人が成仏できるように祈る。


法事・法要に関して