スマートフォン用の表示で見る

秋葉

キーワードの候補

4件

一般

秋葉

あきば

火防ぎの神様。

三尺坊大権現と呼ばれ、観音菩薩垂迹として信州に生まれ、越後蔵王堂の三尺坊で修行して、飛行自在の神通力により、白狐に乗って秋葉山へ飛来した。とされる。

徳川氏が秋葉寺の本寺である可睡斎を崇敬した影響で、近世以降、東海相模江戸を中心に庶民の信仰を集めた。


明治初年の神仏分離により秋葉神社別当秋葉寺は廃寺となり、秋葉寺の秋葉三尺坊大権現は可睡斎に移された。

そのため、秋葉信仰の本山は静岡県浜松市春野町の秋葉神社*1と、静岡県袋井市可睡斎に分かれている。

*1:祭神:火之迦具土大神

地理

秋葉

あきば

東京秋葉原のこと。

秋葉原は通常「アキハバラ」と読むが、秋葉と略すと「アキバ」になる。

そもそも秋葉原の地名は秋葉アキバ神社に由来するとされるので、略し方としては由緒正しいものである。

一般

秋葉

あきば

リスト::日本人の苗字

主な有名人

名前なまえ別名肩書き解説
秋葉忠宏あきばただひろ-サッカー選手-

ゲーム

秋葉

あきは