スマートフォン用の表示で見る

笑点

テレビ

笑点

しょうてん

笑点は、毎週日曜日17:30〜18:00において日本テレビ系列にて放送されている、バラエティ番組。

現在、民放では唯一と言っていいほどの落語を中心とした演芸番組である。

1965年3月12日、「金曜夜席」として開始。翌年5月15日、日曜夕方に移動しタイトルも変わり現在に至る。タイトルは三浦綾子の小説「氷点」のパロディとして付けられた。

ちなみに、開始当時は演芸ブームで、各局で演芸番組が数多く放送されていた時期でもあった。

2012年2月5日の放送で2300回を迎えた。

前半では落語・漫才などの演芸を披露。後半は大喜利が行われる。

中村八大作曲によるおなじみの番組テーマは2代目司会の前田武彦になってから使われている。

なお、CS放送では「笑点Jr.」という1時間枠の兄弟番組も放送されている。この番組は、かつてBS日テレにて放送されていた「BS笑点」を前身としたものである。2007年より日テレプラスに媒体を移した。

春風亭昇太が司会を務め、若手大喜利などで構成。桂歌丸もナビゲーターを担当。

歴代の司会

初期の大喜利メンバー

なお、「金曜夜席」では当初談志が演芸、円楽大喜利それぞれの司会を務めていたが、後に円楽は解答者に回る。

若手大喜利

なお、若手大喜利では座布団枚数が最低のメンバーは次回出演できない。

*1:2007年に林家木久蔵から改名

*2:2010年に三遊亭楽太郎から改名し6代目円楽襲名