スマートフォン用の表示で見る

上田秋成

読書

上田秋成

うえだあきなり

江戸後期の国学者歌人・読本作者。

大坂の人。本名、東作(藤作)。号、和訳太郎など。俳号、無腸。

紙油商上田茂助の養子。高井几圭に俳諧を学び、八文字屋本の作者として「気質物」を著す。のち、加藤美樹に師事、万葉集や音韻学に通じ、たびたび本居宣長と論争した。

著『雨月物語』『春雨物語』『胆大小心録』『癇癖談』『藤簍冊子』など。