スマートフォン用の表示で見る

大本教

一般

大本教

おおもときょう

古神道新宗教の一。1892年出口なお開祖)が神がかりして京都府綾部で開教。

女婿出口王仁三郎(教祖)が教理を体系化。世の立てかえ・立て直しを唱え、理想世界「みろくの世」の実現を説く。

1935年に幹部が不敬罪治安維持法違反容疑で逮捕され(第二次大本事件)、翌年、治安維持法に基づく解散命令によって解散。教団施設は全て破壊された。

1946年愛善苑の名で再建。1952年、教団名を「大本」として現在に至る。従って現在の正式名称は「大本教」ではなく「大本」である。