スマートフォン用の表示で見る

丹羽長秀

社会

丹羽長秀

にわながひで

戦国武将。1535年〜1585年。

米五郎左*1。武将であり、奉行としても有能で、安土城の縄張を行った。

清洲会議では織田四家老の一人となる。勝家に対して秀吉を支持して政権基盤の確立に協力するが、死後、丹羽家百万石を超えていたの所領は大幅に削られた。

*1:米=毎日欠かせないものの意