スマートフォン用の表示で見る

中尊寺

一般

中尊寺

ちゅうそんじ

岩手県平泉町にある天台宗の寺社の名称。開山は9世紀半ばであるが、11〜12世紀ごろに奥州藤原氏によって整備された。中でも金色堂が著名である。

源頼朝源義経および奥州藤原氏を討つ為に軍を派遣した際の決戦地でもある。

松尾芭蕉が詠んだ句、

  • 夏草や 兵どもが 夢の跡
  • 五月雨の 降り残してや 光堂

の舞台でもある。

現在は金色堂などを拝観することができる。