スマートフォン用の表示で見る

朝焼け

朝日が出る前に東の空が赤く染まる現象.夕焼けと同様,太陽光が地球大気で散乱することにより発生する.赤く見えるのは地球大気を通過する際に短い波長の光が散乱し,波長の長い赤系の光だけが残るからである.

地球大気の低い層(対流圏)にチリが多い場合、赤色が強くなり、また、高い層(成層圏)に火山灰などが多い場合、紫が強くなるそうだ(気象質問箱より).朝焼けより夕焼けのほうが赤みが強いのは,チリが夕方のほうが多いためだといわれている.