スマートフォン用の表示で見る

長唄

音楽

長唄

ながうた

三味線音楽の一ジャンル。

初代・中村勘三郎の弟の杵屋勘五郎により始められたとされる。

歌舞伎伴奏音楽として発展した。

語り物である義太夫や清元に比べて、音楽性が高い。

明治以降は、舞台を離れた曲作りも盛んに行われ、東京芸術大学の講義課目にもなっている。

代表曲:「勧進帳」「京鹿子娘道成寺」「越後獅子」「藤娘」「連獅子」