スマートフォン用の表示で見る

怒髪天

キーワードの候補

2件

音楽

怒髪天

どはつてん

R&E(リズム&演歌)を提唱する男気溢れるバンド。

3年間ほど活動を休止していたが1999年3月から活動再開。

イースタンユースの吉野さんは「どはってん」と発音しているらしい。

2004年11月24日発売のミニアルバム「握拳と寒椿」でテイチクレコードからメジャー再デビュー。

2014年1月12日、結成30周年記念日本武道館公演決定。

メンバー

ちなみにボーカルの増子直純DMBQの増子真二の兄である

シングル

アルバム(ミニアルバム含む)

DVD

お詫び

怒髪天を衝く」と書いたのに引っ掛かってしまった方、すいません。

読書

怒髪天

どはつてん

激しい怒りの様。本来は「怒髪冠を衝く」である。出典は史記の「廉頗藺相如列傳」より。


概略

(前回までのあらすじ:天下の名宝和氏の璧を携えた藺相如は趙王の使者として秦に向かった)

秦王は相如を座ったまま迎え、相如は和氏の璧を秦王に奉じた。秦王が大いに喜んで、左右に侍る美女たちに見せびらかし、皆が万歳で応じた。相如は秦王が趙に璧の代償の城(領地)を寄越す気がないのを見て取り、こう言った。

「璧には瑕があります。それを王にお教えしましょう」

王が璧を渡すと、相如はそれを持って立ち上がり、柱のそばに立ったが、怒りで髪が冠を衝く*1ほどだった。

「大王が璧を(十五城との交換で)得ようと趙王に書を送った際、趙王は群臣を集めたが、皆『秦は貪欲で信用ならず、璧をただ取りする気で城は手放さないでしょう』と言いました。秦に璧を与えるべきでないと議は決したのです。私は(庶民が)布と衣を交換するのでさえ相手を欺かないというのに、まして大国がそのようなことをするとはありえないと主張しました。また、璧一つが原因で秦の機嫌を損なわせてはならないとも。そこで趙王は五日斎戒して、私に璧を奉じさせ、この宮廷まで遣わせたのです。なぜかと言えば、これは大国の威に敬意を払えばこそです。それなのに、今私が来ても、大王の接見の仕方は礼節を甚だ欠きます。璧を得たら、侍女に見せ、弄びました。どうやら、大王には趙王に城邑を渡す気などないようですので、璧を取り戻させてもらいました。大王があくまで欲するというのであれば、今ここで璧と私の頭を柱にぶつけて共に砕かせてもらいます」

藺相如は璧を持ったまま柱を睨み、今にも打ち付けんばかりだった。

*1:怒髪上沖冠