藤田美術館

アート

藤田美術館

ふじたびじゅつかん

明治初年から大正年間にかけて、大阪の旧男爵・藤田傳三郎と、嫡子平太郎、次男徳次郎の二代三人によって収集された東洋古美術品を中心としたコレクションを公開している私立美術館。

絵画・書跡・陶磁器・彫刻・漆工・金工・染織・考古資料など収蔵品は5000点を数え、うち9件が国宝に、50件が重要文化財に指定されている。

リスト::美術館