スマートフォン用の表示で見る

那須与一

読書

那須与一

なすのよいち

平安〜鎌倉時代の武士。名は宗隆、後に父の資隆の名を継ぐ。那須家には数多くの兄弟がおり実在したかは不明で墓所とされる箇所も多数・各地の寺などにある家系図などもあるが異なっていたりする。

弓の名手で、屋島の戦いでは船のへさきに差し出された棹の上に付いた扇を一矢の元に射落としたと言う。

この辺のエピソードは『平家物語』参照のこと。