後三年の役

(社会)
ごさんねんのえき

日本の平安時代後期の東北地方を舞台とした戦役。1083年から1087年まで続いた。前九年の役の後、東北地方で勢力を誇っていた清原氏がこの戦役により消滅し、奥州藤原氏が登場する契機となった。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ