スマートフォン用の表示で見る

琵琶湖大橋

地理

琵琶湖大橋

びわこおおはし

琵琶湖大橋は、守山市洲本町と大津市真野普門町とを結ぶ橋梁*1で、国道477号の一部をなし、琵琶湖大橋有料道路として、滋賀県道路公社が管理している。

1964年9月28日開通。

原動機付自転車を含む車両は有料であるが、自転車歩行者道を通行する、歩行者自転車などは無料で通行できる。

料金徴収期限は、当初2021年9月27日だったが、琵琶湖大橋に近い区間の取付道路の四車線拡幅、琵琶湖大橋の基礎の耐震補強、ETCの整備のため、2016年4月1日より、料金の値下げをするとともに、料金徴収期限を2029年8月4日に延長した。

上下各2車線の別橋梁となっており、上り車線橋は1,400m、下り車線橋は1,350mである。

*1琵琶湖はこれより北側を北湖、南側を南湖と呼ぶ